HFイフリートをいじっていてわかったジョーカーキリトカスタムのあれこれ仮説垂れ流し


 まず、ジョーカーキリトカスタムは複数のコアスケルトンで構成されたカスタムLBXである。

上記を踏まえていろいろ垂れ流してみます。(LBXカタログにもフレーム表記がなかったりする・・)

 構成としては上半身はブロウラーフレーム 頭部と下半身はストライダーフレームで構成されている。

 ここでひとつの疑問が解消された。それは・・・そうルシファーの胸部パーツ!!

ジョーカーキリトカスタムのカスタマイズを分析してみると・・・


※以下はすべて私の想像です。

 まず頭部なぜジョーカーなのか??
これはバランサーの問題なのではないかな~と想像
設定としてジョーカーはトリッキーな動きが可能という話がある・・・
これを可能とするために頭部に高性能のバランサーや制御装置が搭載されているのでは・・・なんて・・・
この根拠としてあの二股に分かれた頭部の形状とその先端のボンボン・・・
ナイトメアの先端にも似たようなものがあり、これが劇中のあのトリッキーな動きを可能とするのでは??
・・・・という妄想です・・・(;^ω^)
同じジョーカー系ならなぜナイトメアじゃないのか??・・・腕やブースターに干渉してしまうから・・・とか???
あのボンボンもどうも手を加えられているっぽいし・・・大きさ的に・・・(._.)・・・・たぶん・・・

 では下半身・・・ジョーカー系の最新技術が使われたナイトメア・・・・・ストライダーとしても当時としては
最新モデルであろうし・・・まあ・・・妥当かな・・・

 両腕・・・・これは完全にパワーを求めての結果かな??
足でスピード、腕でパワーみたいな感じだろうし・・・・じゃあブルドでもいいじゃん・・・・・???

あとかんがえられるのは・・・ 腕の長さ・・・かな???リーチがあった方がいろいろ有利だし・・・・

武器が槍系鎌のクレストムーンなのもこのリーチとジョーカーの持つトリッキーな動きを最大限に

生かせるように・・・・・とか?? (?_?)??????????

で・・・問題の胸部・・・これは当然ブースターを装着するためにルシファーにしたというのが妥当かな??

ここで胸部の大きさの話・・・本来ルシファーはナイトフレーム・・・・このナイトフレームの胸部に

ブロウラーフレームのマスターコマンドの腕を無改造でそのまま装着するとおそらく「ハカイオーの腕を装着したアキレス」

と同様の状態になってしまうのでは???と推測する。

またあの特徴的な両肩のパーツがボンボンや肩そのものと干渉してしまうのでは??・・・(制作した実感として・・)

またあのパワーのあるブロウラーの腕をそのままナイトフレームに装着してもバランスを欠いてしまい上記のような状態になってしまう・・・(それに規格外のパーツをできるけど無理につけるとフレームそのものにも負担がかかってしまうのでは??)ならばどう解決するか???

答えは、胸部の内部フレームをブロウラーフレーム規格のままルシファーのブースターを装着すればいい!!

つまりその結果があの異常な横幅のルシファー胸部につながるのでは????

 というのが結論!!・・・・(;´・ω・)・・・・駄文しつれいしました・・・

・・・・・すべてははなけろの妄想妄言でございます・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

> こんにちは、ご無沙汰しております。

シンニィさん!こちらこそご無沙汰しております。

> こういった妄想物・設定物が大好物なため、食い付いてしまいがちな私ですよ。

まっておりました(^^♪ノシ
>
> まず、
> 「ジョーカーキリトカスタムは複数のコアスケルトンで構成されたカスタムLBX」
> これ、私もいつも混同してしまうんですが、設定ではコアスケルトンとはナノテクによる代物で、「ガワ」となるアーマーフレーム(外装・外枠)に合わせて自在に変形するものとなっています。
> ということは、コアが複数なのではなく、「各部アーマーフレームが複数規格で構成されている」というのが正確な表現かもしれません。

 Σ(゚Д゚)!!そ・・・そうでした!!

> 「複数のコアスケルトン」という表現は私たちの世界でのプラモなんかの立体物での表現方法でしすよね。
> ナノテクうんぬん~のこの設定、いっそのことコアスケルトン自体がそれぞれ存在する、という風に変更してしまえばいいんじゃないかと思っていますが・・・
>
もういっそそうしてもらえるといろいろ模型の方とのすり合わせもうまくいく感じですね・・

> それを踏まえての、ジョーカーKCのあの姿。
> この複数規格混合構成のLBXの実用化はある意味、LBXカスタマイズのマイスターであるキリトの挑戦とも言えるものなのかもしれませんね。

この風間キリトのはじめから強いLBXをカスタムするのではなく、自分の力で一般的なLBXをカスタムして
それを凌駕するものを作り上げる・・・このワンオフLBXを所有するプレイヤー達に対するかなり皮肉の利いた感じにちと共感を覚えてしまうのが不思議です(;^ω^)・・・

> (ほぼそうであろうと思われる裏設定・コンセプトの)オズの魔法使いのカカシの姿をイメージし、実用化どころか強力なLBXとして活きるよう、各部パーツをチョイスしていったんだと思います。
> 各部チョイスの理由ははなけろさんの推測がばっちり当てはまりますね!

いま列伝でいろいろなコンパチモデルがでてきてますがまたキリトがカスタムLBXを引っ提げてでてこない

かな~と密かに期待しております。

LBXのスペック重視のインフレ化が進む列伝で登場すればその傾向に一石を投じること請け合いですし・・・( *´艸`)
あのヤマジュンにLBXをスペックで語るなと苦言を呈したあのシーンはいまでも大好きなシーンの一つです。(●´ω`●)
> いや~、やはりこういった妄想・設定は面白いですねぇ。

この自由な妄想を許す適度な設定の緩さがダンボール戦機の一つの魅力かもしれませんね(*´▽`*)ノ

シンニィさんコメントありがとうございました!!

私は最近は列伝コンテストに向けていろいろ準備中です。

今回はネタ系LBXで参加してコンテストの賑やかしになれないものかと

いろいろ妄想中です。それでは失礼します。<m(__)m>

No title

こんにちは、ご無沙汰しております。

こういった妄想物・設定物が大好物なため、食い付いてしまいがちな私ですよ。

まず、
「ジョーカーキリトカスタムは複数のコアスケルトンで構成されたカスタムLBX」
これ、私もいつも混同してしまうんですが、設定ではコアスケルトンとはナノテクによる代物で、「ガワ」となるアーマーフレーム(外装・外枠)に合わせて自在に変形するものとなっています。
ということは、コアが複数なのではなく、「各部アーマーフレームが複数規格で構成されている」というのが正確な表現かもしれません。
「複数のコアスケルトン」という表現は私たちの世界でのプラモなんかの立体物での表現方法でしすよね。
ナノテクうんぬん~のこの設定、いっそのことコアスケルトン自体がそれぞれ存在する、という風に変更してしまえばいいんじゃないかと思っていますが・・・

それを踏まえての、ジョーカーKCのあの姿。
この複数規格混合構成のLBXの実用化はある意味、LBXカスタマイズのマイスターであるキリトの挑戦とも言えるものなのかもしれませんね。
(ほぼそうであろうと思われる裏設定・コンセプトの)オズの魔法使いのカカシの姿をイメージし、実用化どころか強力なLBXとして活きるよう、各部パーツをチョイスしていったんだと思います。
各部チョイスの理由ははなけろさんの推測がばっちり当てはまりますね!

いや~、やはりこういった妄想・設定は面白いですねぇ。
改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。最近はなろう小説の「エルフのハナちゃん」にドはまり中

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
4004位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
525位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア