FC2ブログ

風摩キリトとキリトカスタムについて語ってみる 加筆修正Ver

 え~前回は思いつくままに駄文を垂れ流しましたが少し加筆と修正をしてみました。



人形(ヒトガタ)・・・古来から日本では人を模して作るものはその作り手の魂が宿るという考え方があります。
 LBXもまた基本は人型のにんぎょうと言い換えることができるかもしれません。

風摩キリト・・・彼は事故で失ったエイミーの声をもう一度聞きたい、会いたい、という望みからエイミーを模したアンドロイドを作り、それを完全なものにするべく、その人工知能であるパーフェクトブレインの完成を目指して、バンたちのまえに己の分身ともいえるカスタムLBX達を駆使して何度も戦いを挑んできました。結局はアラン・ウォーゼンにだまされていたのですが・・・
 一言でいえば 「狂気」 ・・・愛情を注ぐ対象を失ったがゆえの奇行・・・・
エイミーを失った時、彼の心は壊れてしまっていたのかもしれません。
 
 さてここで彼のLBXに話を移します。
私が、ジョーカーキリトカスタムをはじめて見たときの印象は「何だ・・・これ?」でした。
 以前の記事でも書いたかもしれませんがある種の天使のキメラを連想させるような風貌で、なにかひどく不快感というか違和感のようなものを感じるといった印象でした。
なにかを掴み取ろうとするかのように印象的なマスターコマンドの腕に細身のストライダーフレームのナイトメアの足、ルシファーの胸部と羽、そしてジョーカーの頭部・・・・
 私はこのちぐはぐな印象を受けるカスタムLBXのこの違和感のようなものの正体がなんであるのか、後にエイミーとのエピソードをアニメで見て、納得しました。
 これは風摩キリトの心の形を示していたのか・・・・と
ではこのジョーカーキリトカスタムは彼のどんな心の形を示しているのか?
 まずナイトメアの足、文字どうり悪夢の中を彷徨う彼の今の心境そのままでは・・・・
マスターコマンドの腕・・・・これは先程も述べたとおり何かを掴み取ろうとするかのように
大きく、あきらかに体に不釣合いな感じですが、これは彼の願望、のぞみを掴み取るための腕・・・そんな感じがしました。
 天使の羽・・・・コレはあの世に旅立ってしまった、エイミーの象徴、あるいはキリト自身がそこに行きたいという願望の象徴では?と感じました。
 そしてジョーカーの頭部・・・ピエロ(道化師)はその心を厚い化粧で隠して人々を笑わせるという話を聞いたことがありますが、この場合は彼の心の願望と狂気を隠す仮面の象徴に感じられました。
 
 ハカイオーキリトカスタム・・・・これは彼のやり場の無い怒りと破壊衝動の塊の象徴に思えました。

 そして、極めつけはデクーOZ・・・・オズといえば・・・・やはり「オズの魔法使い」・・・・
私は読んだことが無いので詳しくは知りませんが、たしか、心の無いカカシ心の無いブリキのきこりというキャラクターがでてくると思います。 心(パーフェクトブレイン=エイミー)を求めて彷徨うキリトと重なるように思えてなりません。
 しかもブリキ=LBX そして木こり・・・・あの斧を片手にフィールドを駆け回る姿・・・・なんとも言えない物悲しさを感じます。

 正直彼の性格はあまり好きにはなれませんが、LBXプレイヤーとしての腕前とその姿勢にはとても好感がもてました。
 などとつらつらと駄文を並べましたが、結局彼の心の在りようをそのまま体現したかのような彼のLBX達は・・・・私とても好きなのです。
 血の通わないただのおもちゃがたとえ彼の狂気であってもその心を投影したかのような姿が頭から離れません。
 LBXはおもちゃという設定ですが、こういった血の通わない無機物に人の感情や想いなどの影を見たとき、わたしはとても心を動かされます。

 ※フェンリルフレアはちょっとどう解釈してよいのかまだ分かりかねています。

そしてフェンリルフレア・・・・・いまいち分かっていない感じですがざっと今の雑感を書き連ねて見ます。

 宇崎拓也から送られたフェンリルをもとに風摩キリトがカスタマイズを行ったLBX・・・
これには彼のどんな想いが込められているのか?

まず特徴として目を引くのは武器です。

フレイムソードとダイヤシールドこれはなにを表しているのか?

まず名前のフレア・・・・名詞で揺らめく炎という意味があるそうです。
 
揺らめく・・・つまり燃えさかっているのではなくゆらゆらと揺れているということ・・・・
これはキリトの感情=心の揺れを表しているように思えます。

では揺れると言うことはなにか二つの感情の間で心が揺れ動いているということ・・・

いったいどんな感情の間で彼の心は揺れているのか?

右手にフレイムソード・・・・これは今も消えない彼の心の怒りや悲しみの炎のように思えます。
左手にダイヤシールド・・・・ダイヤ?・・・・ダイヤモンドは俗に思い出に喩えられたりします。
これはエイミーとの思い出がダイヤモンド(美しい思い出)に変わり始めている象徴に思えます。
 いまも消えない怒りと悲しみ・・・・その一方で彼女との思い出は決して壊れない美しい思い出に変わり始めている・・・・・・私にはそんな風に見えました。

そのきっかけは大人たちのフォローがあったから・・・・

オタクロス・・・けっして押し付けがましくなくそっと彼に道を示す・・・なかなか難しいことです・・・正直この一件で見直した部分が大きいです。

宇崎拓也・・・彼の力になりたい・・・・彼なりの方法でキリトを見守っている様子にやっぱり人の上に立つ人間なんだな・・・と感じました。

以上つらつらとはなけろの身勝手な妄想を書き連ねてみました。

駄文失礼いたしました。



 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

はなけろさんこんにちは。
私がブログ更新さぼっていた(リアル事情がいろいろあったんですが)間におもしろい記事がまめにアップされていたんですね。

私も当初はキリトのことはあまり関心がなかったんですが、話が進むにつれて興味をひく存在になりました。
Wの中では欠かせない存在のキャラですよね。
ただでさえ登場キャラの多かったWですから、ちょい役で終わるんじゃないかと思っていたりしました。

「カスタマイズはLBXの醍醐味」という名言が前作でありましたが、実際劇中に登場したのはほとんどがノーマルLBXばかりで、これを体現していたのはキリトくらいでしたよね。
ジョーカーキリカスを始めて見たときはその異形さに驚きました。
そしてはなけろさんのおっしゃっているようなことを私も感じました。
乱れた精神面を表現しているのか、と。
基本的にはダン戦は児童向けの作品だと思っていますので、そんな細かい設定や表現を作品に落とし込んだところで果たしてメインターゲット層に伝わるのか疑問ですが、たとえ伝わらなくても制作側のこだわりとしてそういった裏設定、キャラの心理描写は盛り込んでいるのではないかな?と勝手に思っています。

そう思うと、各カスタム機についてはなけろさんのおっしゃっていることもピタリと当てはまって来ますよね。

結果として主役ほど登場場面は多くなかったのに、効果的な使われ方をしたおかげ(キャラのエピソードと個性的な使用LBX)と、最終回の1つまえの名シーンによって一気に人気も急上昇したんではないでしょうか?

本当ならば個々のキャラについてももう少し時間を割いて描ければ良かったんでしょうが、なにしろ限られた尺ですから大半のキャラ達が犠牲になってしまった感のあるWでしたね。
そもそも登場人物が多すぎでしたし。
そんな中でキリトは株を上げるのに成功したキャラだったと思いました。

長文失礼しました・・・

No title

シンニィさんこんにちは。


私も当初はキリトのことはあまり関心がなかったんですが、話が進むにつれて興味をひく存在になりました。
Wの中では欠かせない存在のキャラですよね。
ただでさえ登場キャラの多かったWですから、ちょい役で終わるんじゃないかと思っていたりしました。

>>私もこんなにキャラが立つとはまったく思ってませんでした。

「カスタマイズはLBXの醍醐味」という名言が前作でありましたが、実際劇中に登場したのはほとんどがノーマルLBXばかりで、これを体現していたのはキリトくらいでしたよね。

>>俗に30分のおもちゃCMと揶揄されることもあるこういった番組で商品をバラバラにして組みかえるような演出は大人の事情もあって難しいんでしょうね・・・

ジョーカーキリカスを始めて見たときはその異形さに驚きました。
そしてはなけろさんのおっしゃっているようなことを私も感じました。
乱れた精神面を表現しているのか、と。
基本的にはダン戦は児童向けの作品だと思っていますので、そんな細かい設定や表現を作品に落とし込んだところで果たしてメインターゲット層に伝わるのか疑問ですが、たとえ伝わらなくても制作側のこだわりとしてそういった裏設定、キャラの心理描写は盛り込んでいるのではないかな?と勝手に思っています。
そう思うと、各カスタム機についてはなけろさんのおっしゃっていることもピタリと当てはまって来ますよね。

>>細かいところにも手を抜かないプロ根性を垣間見た思いです。

結果として主役ほど登場場面は多くなかったのに、効果的な使われ方をしたおかげ(キャラのエピソードと個性的な使用LBX)と、最終回の1つまえの名シーンによって一気に人気も急上昇したんではないでしょうか?

>>これがキット化の動きに結びついてくれるとうれしいんですが・・・

本当ならば個々のキャラについてももう少し時間を割いて描ければ良かったんでしょうが、なにしろ限られた尺ですから大半のキャラ達が犠牲になってしまった感のあるWでしたね。
そもそも登場人物が多すぎでしたし。
そんな中でキリトは株を上げるのに成功したキャラだったと思いました。

>>そうですね!なんにしても印象深いキャラクターではありました。
改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。最近はなろう小説の「エルフのハナちゃん」にドはまり中

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
5984位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
822位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア