HJ LBXパーフェクトモデリングブックW編購入!!

 というわけで早速購入しました、パーフェクトモデリングブックW編!!
いままでHJの紙面を飾った素晴らしい作品の数々が一冊にまとまって・・・もうおなかいっぱいです!!
 そして・・・・発見!! フェンリルフレア!! きゃっほ~~~[E:happy02]!!!(小躍り[E:note])

 さすがはプロの作品!!レジンを使っての武器の再現もため息が出るばかり!!
各部の改修もバッチリ決まっていてまさにイメージ通り!!
これから製作に挑戦をしようとするチャレンンジャーたちにはこの上ないお手本です。

特にはなけろが注目したのは肩外装の市販のジョイントパーツを使用しての引き出し方式の
パーツ・・・・ムムム・・・こんな方法があったとは・・・・
 ・・・・これってもしかしていま作ってるジョーカーキリトカスタムに応用できないかな?・・・
ほかにもフライトデクーやジェネラル・ドグマ・フィアーイプシロン・キラードロイド・アルティメットブルドなどなど注目の作品が目白押しです。
 ・・・いや~~~眼福眼福!!・・・・ごちそうさまでした(ゲプッ[E:dash])もう食べ切れません[E:happy02]
2200円だした価値はありました!・・・と言うよりお釣りが来るくらいです!!
・・・・期日の定まった製作期間の中こういった作品を確実に完成させてしまう・・・・・
そしてこの完成度!!・・・・あらためてプロモデラーの方々ってすごいんだな・・・・と認識を新たにした はなけろです。
 こういった「本当にすごい物」を見て自分自身の目を肥やすことも大事だな・・・・と思いました。
 そしてそれが自分の作品に生かせるようになれればいいな・・・・なんてね・・・・[E:coldsweats01]

 興奮冷めやらぬ「はなけろ」ですが本日はこんなところで以上です。

スポンサーサイト

海洋堂の合言葉「ないものは作れ!」について語ってみる

 以前の記事でも書いたかもしれませんが はなけろ が模型の改造に挑戦をしたのはたしか小学校5・6年生のころだったと思います。
 当時はやっていたBB戦士の武者ガンダムの改造をして・・・・・結局失敗・・・・[E:crying]

その後も何度か挑戦を繰り返し、なんとか形にはなるようになって・・・・今にして思えばなんともかわいげのあるものでしたが・・・[E:coldsweats01]

私が子供の頃は今のようにネットなどもちろん存在せず、気軽に情報を手に入れることはできなくて、改造の方法やパテなどの道具のことなども、雑誌などから得ていました。
これがまた小学生のお小遣いにはきつくて・・・・

そういった雑誌に載っている改造作品を見てはため息をつき、挑戦をしてはまた失敗・・・・
なつかしい思い出です。

時は流れて二十数年現在は自分でもなんとかここまで来ることはできたのかな・・・・・
という実感を最近ようやく感じ始めています。

 以前見た、カンブリア宮殿(海洋堂)の特集でそこに集まっていたお客たちにはある合言葉があったそうです。
それは
               「ないものは作れ!」

だそうです。

 欲しいものがあるならば金を積むのでも、譲ってもらうのでもなく自分自身の力で作り出せ!
  私はこの合言葉がとても好きです。
 最近は非常に精巧に作られた商品が多く出回り、たとえ小中学生が作ったとしても、色をぬるまでもなく素晴らしい完成度に仕上がるプラモデルがたくさんあります。
 それでもやはり商品化されないものというのは必ずでてきます。
そんなとき、あなたならどうしますか?・・・あきらめる・・・メーカーにお願いの手紙を書く・・・
手段はいろいろありますがこと模型というジャンルであるならば一番現実的なのは

              「自分自身で創り出す事」

これが一番の近道だと私は思っています。

もちろん模型製作には時間も掛かります、お金だってかかります。

ですがそうして自分自身で努力した末に完成した作品はこの世に二つとないあなただけのものです。

 もちろん出来栄えに納得できなかったり、結局完成しなかったり、途中で飽きてしまったり・・・・いろいろなことがあると思います。

 結局のところ・・・自分自身との戦いであると言い換えることもできるかもしれません。

 私自身も間違っても「あれをこうすれば必ずできる!」などと人にお教えできるような自信も技術も持ち合わせてはいないと自負しています。
 私はブログで何度も自分自身の作品の製作上の失敗をしているところをお見せしていますが、私のたどった失敗が、そして成功が、製作過程が、私のブログを見たどなたかのお役に立てていればと考えています。
 (決して丁寧な解説がついているわけでもありませんしね・・・[E:coldsweats01])
 私もかつて雑誌に載った作品を見よう見まねで製作に挑戦しましたが、あの頃の私のように「ないものを作り出す」という意思をもった仲間に何かを伝えられていたら・・・と思っています。

駄文失礼致しました。

 
 

ジョーカーキリトカスタム 地味~~に作業続行中

 というわけで地味~~に作業続行中です。
Dscf4278















使用した部品の紹介・・・100均でかったフック、コレをリューターなどを駆使して削りだし、
白い部分のパーツを製作しました。









Dscf4281


























裏面もGタンクショートなどを使って手を抜かずに製作。

Dscf4284













ちなみに肩パーツは余分なところをリューターで削った結果ここまで可動範囲が上がりました。

Dscf4283













Dscf4282

















これから合わせ目をパテ盛等で消して各パーツの細かい調整⇒仕上げ⇒複製の流れになる予定なんですが・・・・・・[E:coldsweats01]

なんにせよしばらくはこうした地味~~な作業が地味~~に続いていく予定です。

さて・・・・ブースターどうしようかな・・・・ユザワヤ辺りに言って模造の宝石っぽいの探してみるかな・・・・ついでにダイヤシールドに使えそうなのないか見てみたいし・・・・
ま・・・・今度の日 月のどっちかかな・・・・

フェンリルフレアをじっくり観察してみる

 じ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~・・・・・(視聴中)



プラモ片手にさらにじ~~~~~~~~~~~~



資料片手にノーマルフェンリルと見比べて三度じ~~~~~~~~~~



あれ?・・・・線画でみると・・・・完全に顔のデザインライン変わってるとこ多くない?



角とか髭とか・・・・・・パッと見は色変えと武器の違いくらいかなと思ってたけど・・・・



頭部の形状も結構細かいところだけど・・・・・・・・



ま・・・・設定資料集の販売待ちかな?・・・・

ジョーカーキリトカスタム進行状況報告

 現在の状態はこんな感じです。
Dscf4266



























Dscf4267


Dscf4268



























HJ作例にならい股関節をダブルボールジョイントに変更、肩のパーツも少しづつ進んでいます。

さて・・・カバーはどうするかな・・・・今は関節丸出しなので設定に近づけつつ可動範囲を確保して・・・・・・正直球体関節部分が設定より小さいのでこれをもう少し大きくして・・・・

こうしてみると、やっぱりブースターの大きさがとても気になってくる・・・・[E:downwardleft][E:eye]

前々から思ってはいたけど設定と決定的な差異がありすぎるんだよな・・・大きさ・・

これはやっぱりもう一回まるっと作り直しかな・・・・・・[E:coldsweats01]

透明キャストによる複製はちょっと難しそうだし・・・やっぱり厚めのアクリル板から削りだしと

ジャンクかなにかでブースターのカバー部分をつくって・・・・なにかいいのってないかな・・・・

でも実際つくるとなると結構難しい形をしてる・・・・分割方法や軽量化も考えながらかな?

あと角の先の〇・・・かたっぽ無くしちゃった[E:crying]・・・・・・ぼくのバカ・・・・

ジョーカーキリトカスタム 毎度恒例仮組みでバランスを見る。※ポーズ追加

 えーというわけで毎度恒例となりました仮組みでございます。
以前製作の試作?号と並べてみます。

Dscf3034 Dscf4275
























試作1号と比べるとかなり精度があがっていると思います。

ちょっと他の画像も・・・



Dscf4274
















Dscf4277

















Dscf4276























足の付け根にカバー、ブースターの大型化、上腕のアーマーの作り直し・・・ちなみにいまくっついてるのは試作1号のものを取り合えずでくっつけました。
いろいろ足りない材料も見えてきて近々買出しに出かけようと思います。

さて・・・・・どんなもんかな・・・・

作業はまだまだ続いていきますが・・・・夏ごろまでには完成できるかな?

凝った作品は1年に1個・・・これがいまの はなけろ の限界みたいです。

ま・・・本日は以上です。

※追加でハイポーズ

Dscf4279

風摩キリトとキリトカスタムについて語ってみる 加筆修正Ver

 え~前回は思いつくままに駄文を垂れ流しましたが少し加筆と修正をしてみました。



人形(ヒトガタ)・・・古来から日本では人を模して作るものはその作り手の魂が宿るという考え方があります。
 LBXもまた基本は人型のにんぎょうと言い換えることができるかもしれません。

風摩キリト・・・彼は事故で失ったエイミーの声をもう一度聞きたい、会いたい、という望みからエイミーを模したアンドロイドを作り、それを完全なものにするべく、その人工知能であるパーフェクトブレインの完成を目指して、バンたちのまえに己の分身ともいえるカスタムLBX達を駆使して何度も戦いを挑んできました。結局はアラン・ウォーゼンにだまされていたのですが・・・
 一言でいえば 「狂気」 ・・・愛情を注ぐ対象を失ったがゆえの奇行・・・・
エイミーを失った時、彼の心は壊れてしまっていたのかもしれません。
 
 さてここで彼のLBXに話を移します。
私が、ジョーカーキリトカスタムをはじめて見たときの印象は「何だ・・・これ?」でした。
 以前の記事でも書いたかもしれませんがある種の天使のキメラを連想させるような風貌で、なにかひどく不快感というか違和感のようなものを感じるといった印象でした。
なにかを掴み取ろうとするかのように印象的なマスターコマンドの腕に細身のストライダーフレームのナイトメアの足、ルシファーの胸部と羽、そしてジョーカーの頭部・・・・
 私はこのちぐはぐな印象を受けるカスタムLBXのこの違和感のようなものの正体がなんであるのか、後にエイミーとのエピソードをアニメで見て、納得しました。
 これは風摩キリトの心の形を示していたのか・・・・と
ではこのジョーカーキリトカスタムは彼のどんな心の形を示しているのか?
 まずナイトメアの足、文字どうり悪夢の中を彷徨う彼の今の心境そのままでは・・・・
マスターコマンドの腕・・・・これは先程も述べたとおり何かを掴み取ろうとするかのように
大きく、あきらかに体に不釣合いな感じですが、これは彼の願望、のぞみを掴み取るための腕・・・そんな感じがしました。
 天使の羽・・・・コレはあの世に旅立ってしまった、エイミーの象徴、あるいはキリト自身がそこに行きたいという願望の象徴では?と感じました。
 そしてジョーカーの頭部・・・ピエロ(道化師)はその心を厚い化粧で隠して人々を笑わせるという話を聞いたことがありますが、この場合は彼の心の願望と狂気を隠す仮面の象徴に感じられました。
 
 ハカイオーキリトカスタム・・・・これは彼のやり場の無い怒りと破壊衝動の塊の象徴に思えました。

 そして、極めつけはデクーOZ・・・・オズといえば・・・・やはり「オズの魔法使い」・・・・
私は読んだことが無いので詳しくは知りませんが、たしか、心の無いカカシ心の無いブリキのきこりというキャラクターがでてくると思います。 心(パーフェクトブレイン=エイミー)を求めて彷徨うキリトと重なるように思えてなりません。
 しかもブリキ=LBX そして木こり・・・・あの斧を片手にフィールドを駆け回る姿・・・・なんとも言えない物悲しさを感じます。

 正直彼の性格はあまり好きにはなれませんが、LBXプレイヤーとしての腕前とその姿勢にはとても好感がもてました。
 などとつらつらと駄文を並べましたが、結局彼の心の在りようをそのまま体現したかのような彼のLBX達は・・・・私とても好きなのです。
 血の通わないただのおもちゃがたとえ彼の狂気であってもその心を投影したかのような姿が頭から離れません。
 LBXはおもちゃという設定ですが、こういった血の通わない無機物に人の感情や想いなどの影を見たとき、わたしはとても心を動かされます。

 ※フェンリルフレアはちょっとどう解釈してよいのかまだ分かりかねています。

そしてフェンリルフレア・・・・・いまいち分かっていない感じですがざっと今の雑感を書き連ねて見ます。

 宇崎拓也から送られたフェンリルをもとに風摩キリトがカスタマイズを行ったLBX・・・
これには彼のどんな想いが込められているのか?

まず特徴として目を引くのは武器です。

フレイムソードとダイヤシールドこれはなにを表しているのか?

まず名前のフレア・・・・名詞で揺らめく炎という意味があるそうです。
 
揺らめく・・・つまり燃えさかっているのではなくゆらゆらと揺れているということ・・・・
これはキリトの感情=心の揺れを表しているように思えます。

では揺れると言うことはなにか二つの感情の間で心が揺れ動いているということ・・・

いったいどんな感情の間で彼の心は揺れているのか?

右手にフレイムソード・・・・これは今も消えない彼の心の怒りや悲しみの炎のように思えます。
左手にダイヤシールド・・・・ダイヤ?・・・・ダイヤモンドは俗に思い出に喩えられたりします。
これはエイミーとの思い出がダイヤモンド(美しい思い出)に変わり始めている象徴に思えます。
 いまも消えない怒りと悲しみ・・・・その一方で彼女との思い出は決して壊れない美しい思い出に変わり始めている・・・・・・私にはそんな風に見えました。

そのきっかけは大人たちのフォローがあったから・・・・

オタクロス・・・けっして押し付けがましくなくそっと彼に道を示す・・・なかなか難しいことです・・・正直この一件で見直した部分が大きいです。

宇崎拓也・・・彼の力になりたい・・・・彼なりの方法でキリトを見守っている様子にやっぱり人の上に立つ人間なんだな・・・と感じました。

以上つらつらとはなけろの身勝手な妄想を書き連ねてみました。

駄文失礼いたしました。



 

ジョーカーキリトカスタムいろいろ進展中

いろいろ進展中です。
Dscf4250
















Dscf4254














Dscf4262
















Dscf4260

















Dscf4264


















Dscf4265















Dscf4261






















とりあえず仮組みで様子見
腰のアーマーはデクー改と同様の手法で型抜き
腰周りがスッキリとしてちょうちんブルマみたいだったのがだいぶ燕尾服っぽくなってきた。
あとは付け根の可動工作にあわせて関節部分がうまく隠れるようにする。
腿と一体化していたアーマーを切り離し、コレをうまく使って製作予定。
・・・・以上です。















ジョーカーキリトカスタムいろいろ進展中

いろいろ進展中です。
Dscf4250
















Dscf4254














Dscf4262
















Dscf4260

















Dscf4264


















Dscf4265















Dscf4261






















とりあえず仮組みで様子見
腰のアーマーはデクー改と同様の手法で型抜き
腰周りがスッキリとしてちょうちんブルマみたいだったのがだいぶ燕尾服っぽくなってきた。
あとは付け根の可動工作にあわせて関節部分がうまく隠れるようにする。
腿と一体化していたアーマーを切り離し、コレをうまく使って製作予定。
・・・・以上です。















ジョーカーキリトカスタム 腰部可動工作

腰部というか胸部?可動工作です。
Dscf4246

















Dscf4247

















Dscf4249











結構ひねりを加えることができるようになりました。
本日は以上です。

ダンボール戦機W最終回をむかえて・・・

 え~かれこれ2年間追いかけてきた山野バン主人公のダンボール戦機ですが、
本日とうとう最終回を迎えました。
 内容については・・・・ま・・・・こんなもんかな・・・・・といった感じです。
過剰な演出なども無く無難に着陸といった感じです。
 ちょっと感心したのはランの扱いですね・・・性能的に劣るミネルバでありながら、要所要所でキチンとバンたちの勝利につながるサポートをさせていてアニメスタッフGJです。
 さて次は4月からはじまるウォーズの話。
番組の最後にチラッとあったCMですが、気になるLBXが映ってました・・・

デクーベースと思しきデクー+バスターみたいなやつです。

コマ送りで確認・・・・・あれ・・・・?・・・・・あの・・・・モノアイは?あの愛らしいモノアイはどこ?!
 そ・・・そうだ!きっとあのゴーグルの中にモノアイが隠れてるんですよね!ね!!
口元にはあのデクーの歯の名残と思われるパーツが・・・・・


アニメの演出でブレインジャックされたコンピューターの発光部分がデクーのモノアイそっくり

ということがありましたが、あれはあのモノアイ=敵または悪といった演出だったんでしょうね・・・・見ている子供がわかりやすくという配慮なんでしょう・・・・・

デクーも「あく」のLBXからみんなの友達の仲間入りを果たしてしまうのかな・・・・・・

ゴーグルタイプへの変更は「いいもの」になったデクーという無言のメッセージということでしょうか・・・・・いや別に悪者でなくてもいいんですよ・・・・モノアイが無事なら・・・・・・
デクーのデクーたる記号が失われてさえいなければ・・・・
NFTつくってたからはっきり言えます・・・・・・モノアイは・・・デクーをデクーたらしめる重要な要素です!
・・・・・また実際に動いているところをみたり、使用プレーヤーなどの演出で印象も変わってくるのでしょうが・・・・・ぜひいいほうに転がってくれることを祈ります。

ジョーカーキリトカスタム マスターコマンド肩パーツ製作

 以前失敗してからずいぶん時間が経ちましたがジョーカーキリトカスタムの肩パーツの製作に再挑戦です。
 説明省略で以下の画像をご覧ください。
Dscf4212


















Dscf4213













Dscf4216

















Dscf4214 














Dscf4217















Dscf4218

















Dscf4241














Dscf4242















Dscf4243














Dscf4245












本日は以上です。

白昼夢

Dscf4239_2

















夢がいつか現実になりますように・・・・・PART2

タイタンアーム途中経過報告とキャタピラRCフレーム失敗(涙)

え~タイタンアームの方ですがドリル部の完成度が上がり徐々にその形ができあがってきました。下が現在の状態です。




Dscf4235
















 大分形になってきました。
 これから穴を開けたりパテを盛ったりして形を整えていきますが、その後に待ち受けるのは
ジョーカーの方と一緒にやろうとしている「複製作業」・・・・・結局これが鬼門なんですよね~

あと以前キャタピラのフレームをグルーガンでくっつけていましたが、キャタピラとかませるギアをフレーム外に出す穴を開けたのですがフレームの厚みで、ギアが外に出る部分が不十分で結局失敗になってしまいました[E:crying]

・・・・・一応キャタピラを動かす構造としては悪くなかったのだけど、技術面で追いつかなかった感じです・・・・さて・・・・どうしたもんかな・・・・またしばらくは研究と試行錯誤が続きそうです・・・・
WAVEのGタンクとか使って形を出せば何とかできるかな?
 とりあえずこんなところで以上です。

タイタンアームドリル部分 リトライ 改訂

 え~まずはこちらをご覧ください。

Dscf4191
















以前の記事で私が完成品とかほざいていたものです。

結論から申しますと・・・・作り直しました・・・・ハイ・・・

・・・・・・いわゆる「コレジャナイ臭」にたえられなくなりました・・・

以前と作り方はほぼ変わっていませんが、作業工程が減っています。

Dscf4226













まずはこのチーかま状のエポキシパテをこしらえます。

Dscf4225













以前よりもかなり固まった段階で取り外しています。

型からはずす前に面にヤスリがけをあらかじめしておいてキチンとエッジを出します。

Dscf4231














硬化が結構進んでいるので取り外しも容易でエッジもしっかりと出せています。
これを芯に撒きつけていきます。

Dscf4232















あとはリューターを使った旋盤スポンジヤスリ掛け⇒サフ吹き

で完成したのがこんな感じです。

Dscf4233

















原寸大とあわせてみます。

Dscf4234














今回は設定画どおりに刃の部分も十段になっています。
精度もかなり上がったはずです。

今にして前回のものをみると・・・・・

穴があったら入りたいです  ・・・・・・

ま・・・まあなんとか自分でも今回こそ納得の完成度のドリルができたので満足はしています。

・・・・このところ作りたい作品が多くなり、ちょっと自分に甘えが出てきていたようです。

こんなもんでも・・・・ま・・・いいか・・・・と

先日ふと昔の記事を読み返してからどうしてもこのドリル部分が気になりだして本日の改修と相成りました。

口先ばっかりで本当の意味で精進が足らなかったようです・・・・(反省 )

己のふがいなさを反省しつつ本日は以上です。

デクーNFTの方向性について

 ここしばらくキリトカスタムの製作などに手を出しつつもネットを徘徊し、さまざまな作品を見たり、押入れにしまってあった大量のHJやHowto本等を引っ張りだして眺めたりなど、いろいろ試して自分にプラモ養分をたっぷり染み込ませていました。
 以前シンニィさんのご助言の中にNFTの方向性についてコメントをいただいた中で、「LBXの祖」と「開発のどの段階の姿なのか」というご提案がありました。
 NFTはもともとコンテスト用に製作していたという経緯もありジオラマに飾った段階で一つの作品として完成するようにと考えて製作を行っていました。
 ですがこのコンテストと言う枠組みが外れた以上、なにも一つの姿に固執する必要性はないのでは?と言う結論に達しました。
 つまり、現在のNFTの姿はNFTの試作LBXとして・・・「背面にブースターの試作機を試験的に取り付けた姿」であり、パーツの交換で他にもさまざまな姿を見せる形にしていきたいな・・・と考えています。(汎用性が高いデクーの系譜らしいかな?)
 もちろん今までの設定はそのままで・・・・なんといえば・・・ウ~ン
・・・エンペラー等の開発も済みお役御免となったその後、そのワンオフ機ゆえの高性能とデクー譲りの汎用性の高さから後に作られて行くイノベーターのLBXの各部のパーツの試作品の試験運用を担っていった・・・・・そんな感じにしていけたらとぼんやり考えています。
 と・・・なると必然的にカラーリングはパーソナルカラーはボツ・・・・・
汎用性が高い灰色や銀色や黒など無個性的な感じに+ちょっとアクセント・・・みたいな感じにしていければ・・・・と思っています。
 まずは素体としてのNFTを完成させて、そこから交換用のパーツを製作し、「なになに試験運用型」・・・みたいな感じにしていけたら・・・と思っています。
 今ネタとして思いつく限りでは、デクー砲戦型パーツ、インビットアーム、トロイのデスバレル等ですが、いわゆる私の「オラLBX」として長い目で作って行けたら・・・と考え始めています。
パーツのカスタマイズっていかにもLBXらしいかな?と勝手に思っています。
(ちなみに私が他の作品を制作中、いわゆる失敗してしまったものをこういったパーツ製作にうまく流用できればな・・・などと考えていたりもします・・・・もったいないし・・・・ )
 製作の手が遅く、ままならないことが多い私ではありますが、まずは自分自身がLBXを、模型製作を楽しむことを忘れずにいければいいな・・・と思っています。
 完成というゴールさえ見失わなければいつかは必ず辿り着けるはずです。



長文失礼しました。

そういえば・・・これが現在のデクーNFT(仮)(スッキリシンプル)

 で・・・・まだ改修前ではありますが、前の記事で申し上げた通り、背面のブースターはとりあえずはずしてみました。
 ブースターはブースターで試作型ブースター装着パーツとして仕上げたいと思っています。
下の画像は現在のNFT(仮)の状態です。


Dscf4220
















Dscf4221















Dscf4222














アチコチ銀色だったりするのはコンテスト直前の塗装跡の名残です[E:crying]

背面のブースターをとりはずしたことで必然的に胸部への接続コードも取り外しました。

ブースターやコードが外れると途端に頭部以外はデクーっぽくなってくるから不思議です。

あとはこれからの作業でどう転んでいくのか?・・・・

これから他の作品と平行しつつ少しづつ改修作業を行っていく予定ですがこうなるとケッコウ

手を加えなくてはならない部分が多くなってきます。(後姿はとてもお見せできない状態です)

いままでは「あれも盛り込みたい、これも取り入れたい」となにを切り捨てていいのか分から

ず、もがいていましたが、「全部やってよし!」となれば今度は逆にいかにシンプルさを

保つかがカギになってくると思います。

かといってあまりかっこ悪いのもイヤだし・・・・・私ってほんとわがままです。

なんにしてもキリトカスタムたち同様に完成度第一のはなけろペースで行きたいと思います。









ダンボール戦機W「最終決戦トキオシティ」を視聴して

 えーまず・・・・やっぱりいいな~~~LBXは・・・・
画面にぐいぐい引き込まれました。
で・・・一番印象に残ったシーンはといえば・・・・

やっぱり・・・


       「再会できてうれしかったよ・・・・・でも・・・・・お別れだ・・・・・」




宗明サン
 キリトさん・・・・・シブい・・・・・シブすぎでしょ!

自分が手塩にかけてカスタマイズしたLBXたちとの戦い・・・その別れ際に思った心の声・・・・

そして、またその対戦カードが憎いほどの演出!!

       ハカイオーキリトカスタムVSハカイオードグマ!

       ジョーカーキリトカスタムVSナイトメアフィアー!

そして、           デクーOZVSフェンリルフレア!

・・・・・・・く~~~~かっこいい!!

アニメスタッフ グッジョブ!!! わかっていらっしゃる!!

このツボを心得た演出!! 素晴らしいの一言!!!

 もう録画の中でしか見ることはないと思っていたキリトカスタム達の勇姿をこの土壇場で拝めるとは思いませんでした!!


  ああっ!!もう!!こんなものを魅せられたらフェンリルフレアとドグマとフィアーも作りたくなっちゃうじゃないか!! ついでにOZとハカイオーキリトカスタムも・・・

よ~するに・・・・あのシーンにでてきたLBX全部欲しい!!

HD録画していたあのシーンだけで3ヶ月くらいはモチベーションには困らない感じです!!

・・・・・いやー・・・ほんと・・・いいもの魅せてもらいました。

今日はもうお腹いっぱいです!!

感想にもなんにもなっていませんがとりあえず書かずには居られなかった感じです。

(とりとめのない駄文大変失礼いたしました。)

うおおぉぉぉぉぉぉぉ!!!見て見て!吹雪さんのクノイチ弐式!!

 
 帰宅後にコメントが付いているのに気が付き 誰かな? と思ったらいつもお世話になっている吹雪さん・・・・・・・・ん・・・・・なになに・・・



 やはり工作の途中写真を見るのは完成写真を見るのと同じかそれ以上にわくわくしますね!(もちろん完成状態も楽しみではあるのですが)

>>そうですね やっぱり私もスクラッチをしているのでいろいろ勉強になりますし



特に二の腕の逆Rと胸部のふちのエッジに燃え(萌え)ます!w
形状のこだわりから、時間をかけて丁寧に削り出したんだなと言うのが伝わります。

>>わかってもらえますか!
 まだ仕上げ完成までにはもう少し修正が必要で・・・(長くなるので以下略)



私の作ってる弐式ですが、これは数日前のもので今はもうちょっと進んでいるのですが写真を撮りましたので貼っておきます。
宜しければ見てください!

>>おお!ついに吹雪さんの弐式をこの目にすることが!!

どれどれ・・・・・

             http://twitpic.com/cavm8q



ジョーカーキリトカスタム いろいろあちこち手を加え・・・・

 というわけで肩の製作はちょっと置いておいて、アチコチ気になっていたところに手を加えていきました。
Dscf4206 二の腕です。
パテ盛⇒ヤスリがけで形をだしました。













Dscf4207
ちょっと腕とあわせて見る。













そして胸部Dscf4196














Dscf4197




ちょっと斜めから












Dscf4198




後から









Dscf4199


ちょっとはずしてみる












Dscf4200





まだエングレービング直ってない・・・








Dscf4211




全部あわせてみた状態


















少しづつですが形になってきています。
さて・・・これからどうなっていくのか・・・・・・
自分で完全に納得のできるものを作るのはやっぱり=(イコール)でそれにかけた手間と時間に比例します。
 トロイを製作した時と同じ・・・・あの時の感じを思い出しながら後で少しでも後悔することが少ないように、作業を進めていきます。

ジョーカーキリトカスタム モチベーションアップの為にちょっとサフ吹いてみる

 というわけでジョーカーキリトカスタムです。
モチベーションアップの為にサフを吹いてみました。
Dscf4193






















バストアップ
Dscf4194













胸部のエングレービング?だっけ・・・けずちゃった もいっかいプラ版で作り直さないと・・・



上腕はパテの完全乾燥待ち・・・おわったら加工に移らないと・・・・
二の腕もちょっとデザインと違うみたいだからもいっかい加工予定
そして鬼門の両肩と前腕のプロテクター・・・・これは材料は揃ってる・・・作業工程も大体頭の中にある・・・
あとは実行あるのみ・・・・そしてそのあとに待ち受けるのは最大の難関
・・・・「複製作業」・・・・自分のトラウマ克服も兼ねているので無駄に慎重になってしまいます。
今にして思うと腰の可動工作と足の付け根の工作先にやっておけばよかったと今更後悔
ま・・・・完成までにはなんとかするでしょ・・・・たぶん・・・
本日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタムドリル部基部と合わせていく

 というわけでちょっと基部と合わせてみます。
ドリルの方もリューターを使った旋盤加工できれいに目の細かいヤスリがけをしました。
Dscf4190













原寸大のコピーと合わせてみました。・・・・正直ちょっとドリルの溝の数が少ないけど・・・
ま・・・許容範囲かな?
Dscf4191 Dscf4192















地道な作業がつづきます。
NFTのペイント作業使い方が良く分かっておらず失敗⇒やり直し
ちゃんともっかい勉強してからだな~

ハカイオーキリトカスタムドリル部完成・・・かな?

 というわけで一応完成?したのかな・・・・
Dscf4187 Dscf4188














Dscf4189_2











なんとかイメージ通りの形にはなったかな・・・・
でもゴールへはまだ遥か彼方・・・・

・・・・・結局のところジョーカーをはじめ他の作品がある一定のところで詰まってしまうのって
複製・・・・これが大きな鬼門になってるんだよな・・・・・・
以前複製を行った時大量にシリコンを使ったにも関わらず失敗してしまい材料費を無駄にしてしまったのがかなりトラウマになっているみたい・・・・
小分けにすれば済む話ではあるんだけど・・・・・
ま・・・・お金とメンタルに余裕があるときにがんばろ・・・・・・



いろいろ考えてみたり・・・

 以下の文章は はなけろ が自分の脳内を客観的に判断したり考察する為に書いた駄文です。
特におもしろいものではないので・・・・


































 
 (デクーNFTについて)
デザイン見直しは順調とは言えず・・・やっぱり意地でレギュレーションを守ろうとするとどうしてもデザインや製作内容に制限がでてしまう・・・・作品の質を上げるためにはやっぱり・・・・

コードのアイデアは良かったが本体の方にはちょっと難ありな感じ・・・・

<頭部>・・・角はやっぱりあったほうがよさそう・・・設定的にもおそらくデクーなどはCCM電波の受信感度を上げる目的もあるのであろうし・・・デクーの歯の部分ってどこを守ってるんだろ?・・・位置的には・・・首・・かな?・・・角のデザインはじめのエンペラーの小さいほうの角まんまも悪くなかったけど・・・・いろいろ検討の余地ありかな・・・

<胸部>・・・デクー改のあのスリットってやっぱりアーマーフレームとコアスケルトンをネジ止めするためにあるんだよね・・・・たぶん・・・・
デザインと時間の兼ね合いで見ない振りしてたけど・・・あのデクーで言うおなかと背中にあるセンサー?設定的には一応中央の〇に・・・・ってことにしてたけど・・・ちょっともう一回考えてみるかな?

<股>・・・デクーにあってデクー改に無いもの・・・あの股のパーツ・・・たぶん設定的にはバランサーかジャイロか何かが仕込まれていると考えるのが位置的にも自然かな?
デクー改に改良されたときにバランサーの小型化に成功・・・・でデザインも変更・・みたいな?ま・・特に問題は・・・・サイドアーマーのデザインかな・・・・やるとしたら・・・
<トゲ>・・・やっぱりトゲって攻撃的意図をもって付けらけるのかな・・・もちろん相手に対しての攻撃の抑制(相手が対人である場合心理的に・・)やそういった意味での防御にもなるし・・・相手が突っ込んできてうまいことトゲに当たればダメージになるし・・・でもホントに当たったらフレームへの負担もけっこうありそう・・・・
デクーに無くてデクー改にある理由は・・・・・コスト?・・・あとは・・・関節やフレームへの負担に対する解決策ができたから?・・・
で・・・デクーNFT・・・ヒザのアーマートゲなしなのは問題ないとして、あの形・・・・ちょっと説得力不足かな?・・・・そういえばエンペラーのデザインがトゲトゲなの・・・ま・・・現実的には敵役だからとか・・・いろいろあるだろうけど無理やり設定的に考えてみると・・・
やっぱり上のほうでいった相手が突っ込んできたら勝手にダメージ及び相手プレイヤーへの心理的な意図・・・ほかにはダメージの軽減・・とか・・・相手の攻撃がたとえばエンペラーの肩に当たったとしても先ず武器が当たるのはトゲ⇒トゲ折れる⇒武器の勢い肩そのものにヒットしてもワンクッションあるからダメージかなり軽減・・・みたいな?
あとはとげとげしくして狙いを相手に大きく持たせる為・・・とか的を大きくして致命的なダメージを負う確率を少しでも減らす為・・とか?
ジェネラルとかトロイの足・・・・あんなに馬鹿デカイ理由は・・・・・上のとはちょっと違うかな・・
やっぱり弾除け・・・シールド的な意味合いが大きいのかな?
トロイはまずそうであろうけど・・・ジェネラルは・・・ブースターっぽいのもついてるし、機動力補助・・・かな・・・あのトゲと足の鋭角なデザインは玉の受け流しを狙ったものなのかな・・・・・
んでデクーNFT・・・玉の受け流し用のシールド・・・・と言うにはちょっと説得力が・・・
あ・・・・エンペラーのあのヒザのデザインもなんだかひし形のシールドっぽい・・・
ちょっともう一回かんがえなおしてみよ・・・・・いちおう曲面で弾除けっぽくはなってるけど・・・
武器・・・ランチャーの給弾部分のデザイン及び各部に見直しの必要あり・・・
やっぱり急ぎで作っていてデザイン的に説得力が不足気味ていうかカッコばっかり・・・・
あくまで完成度を目指すなら・・・・
<配色>いろいろアドバイスをもらったりしたけど・・・もう一度頭をまっさらにして考えてみる、
あれからネットやHowto本やガンダムをはじめアニメのキャラクターなどいろいろ見てみるけどこれっていうのがない・・・たぶん機体色について設定をキチンとつけなかったのが原因。
1・ジンの専用機の試作品なんだからやっぱりジンのパーソナルカラーで・・・
2・試作機らしく灰色とか無機質に・・・
3・上記と同理由で銀色とかメタリック(シルバー基本でスモーク系を重ね吹きで・・・)
4・あくまで設定よりカッコよさ重視で主人公系やヒーロー系の配色で・・・
5・デクーっぽく段落ちの色でまとめてそれっぽく・・・
6・ミリタリー調とか・・・(なんだか陸自のレイバーみたいになりそう・・・)

イメージ的にはやっぱりここまで設定にこだわってきたのだから説得力のあるものを推したい
けど・・・う~ん



(ブースター)ボツ全部作り直し!!精度が全然ダメ、いろいろパーツ使っていいならもっと試作機らしくあ・・・でも接続部のコアボックスはそのまま・・・デコレーションはして、もうちょっと
説得力とまんまコアボックスに見えないようにはするけど・・・

ま・・・悩んでいられるのは楽しい証拠・・・・かな

駄文失礼しました。

ハカイオーキリトカスタム タイタンアームドリル部続き

 一度付いた勢いは止まらず昨日の続きです。
昨日つくったドリルの隙間に輪ゴムをつめます。
これはこの後パテ盛を行う際、間隔を均一にする意味があります。
Dscf4166
















そしてパテ盛と毎度おなじみクリアファイルで作った型に押し付け
Dscf4167 Dscf4168

















    型からはずして

Dscf4170

















               荒削りを終えた状態
Dscf4171













ゴムを取り外した状態
Dscf4174













ちょっと仮組み
Dscf4176













そして本体と一緒に
Dscf4178 Dscf4180















昨日の・・・な状態から比べれば大分ドリルに見えるようになってきたかな?
あとはエッジが取れないように注意しつつゴムをはずした隙間をヤスリがけすれば完成かな?・・・・・まーそーうまくはいかないんだろーけど・・・・
本日はこんなところで以上です。

感謝感激雨・・・吹雪!!

 えーまずはこちらをご覧ください。
http://twitpic.com/c8ynlq

・・・・・かっこいいぃぃぃいぃい!!
 まだ未完成品なのにこんなにかっこいいイラストにしてもらって・・・・・

このイラストを描いたのはいつも励ましのコメントや素晴らしいイラストを描いてくれる
「吹雪さん」です。
吹雪さんに感謝しながらもその技術と才能をうらやましく思います。
 この場を借りてお礼を言わせてください、吹雪さんありがとうございます。



(下がイラストの元です)Dscf4129























わたしが配色決め用に書いたおえかきとはもはや次元が違います!
・・・・ハッ!これを印刷して塗り絵にすれば!!・・・・・・ほんとうに感謝です!
このところ、己のふがいなさにかなりへこんでおりモチベーション でかなり逃避モードでしたがまたむくむくとやる気が起きてきました!
 今回イラストを描いてくれた吹雪さん、いつも励ましのコメントをくれるシンニィさん、エズフィトさん・・・・・そしていつもこのブログを見てくれている方々、いろんな人に支えられてるんだな・・・・と実感しています。
 このブログ・・・ホントにはじめてよかったです。
これは皆さんに向けて・・・・いつも見守ってくれてありがとうございます。

・・・・で話は変わりますが吹雪さん・・・現在クノイチ弐式を製作中で頑張っておられる様子。スクラッチは時間がかかりますからね・・・・でも完成したときの喜びもひとしおです。
こちらのコメントで経過をうかがうたびに脳内で想像しながらワクワクしています。
頭部も完成間近とのこと・・・心から応援しています。
この記事をかりて吹雪さんへのコメントへのお返事にさせていただきます。

 (最後に重ねて、吹雪さん・・・弐式の製作もある中、貴重なお時間を裂いて素敵なイラストを描いていただき本当にありがとうございます。
 まだまだいろいろ未熟な私ではありますが精一杯がんばります。ありがとうございました )

ハカイオーキリトカスタム タイタンアームドリル部続き

 一度付いた勢いは止まらず昨日の続きです。
昨日つくったドリルの隙間に輪ゴムをつめます。
これはこの後パテ盛を行う際、間隔を均一にする意味があります。
Dscf4166
















そしてパテ盛と毎度おなじみクリアファイルで作った型に押し付け
Dscf4167 Dscf4168

    型からはずして

Dscf4170

               荒削りを終えた状態
Dscf4171













ゴムを取り外した状態
Dscf4174













ちょっと仮組み
Dscf4176













そして本体と一緒に
Dscf4178 Dscf4180













昨日の・・・な状態から比べれば大分ドリルに見えるようになってきたかな?
あとはエッジが取れないように注意しつつゴムをはずした隙間をヤスリがけすれば完成かな?・・・・・まーそーうまくはいかないんだろーけど・・・・[E:despair]
本日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタム ナンバリングもうめんどい・・・・タイタンアームドリル部製作!

 えーひきつづきハカイオーキリトカスタムタイタンアーム続きです。

今日はまず昨日型取りしたものをごりごり削りこんな感じになりました。


Dscf4149

うん・・・ま・・・こんなもんかな・・・・
ちょっとサイズが小さめなのはキチンと理由があって・・・・










Dscf4153



プラ版にプラ棒を3本並べ、そのうち2本をプラ版にはりつけ型を作ります。











Dscf4154

そこにエポキシパテを型に押し付けるように押し込んでいきます。
(余った部分はきちんとナイフなどで削り落としておきます。)











Dscf4163



時間が経ち形が崩れなくなったら型から取り外して・・・・









Dscf4164_2

・・・・・・・・・・・



(※注 当ブログは小学生が見ても安心な内容を心がけております・・・たとえ思っても口にださないのもマナーです・・・・
決して某幼女シスター教師のように連呼などなされないようご協力よろしくお願い致します。
 はなけろ より )

こんな感じで撒きつけます。
(ちょっと取り外すのが早すぎたので形が崩れてしまってます ・・・・ま・・・・このあとの修正作業でなんとかなるでしょ・・・・ )
芯の部分を小さめに作っておいた理由がコレです。
芯に巻きつけた時に厚みが増すことを計算に入れてあらかじめ小さめに作っておきました。
これで修正が終わった時にサイズはピッタリのはずです。
んで・・・・とりあえず恒例の仮組みです。

Dscf4165




・・・・うん
なかなかよさげな感じ・・・・









本日はこんなところで以上です。



ジョーカー21・ハカイオー⑯キリトカスタム

 のんびりと部屋の片付けをしていたらこいつらが目に付いてしまったのが運のつき・・・
また製作意欲が戻ってしまい結局手を動かしていました。
先ずはハカイオーから
Dscf4142 Dscf4143_3
















 なんか型になりそうなものがあったのでパテ盛⇒型に押し付けで固まったらスポン!
うまくいったらおなぐさみ・・・・・この辺りはホント手探りです。

次はジョーカーの方です
久々のご対面・・・・おなつかしや・・・・ジョーカー・・・・
やっぱりかっこいいな・・・・・・

Dscf4144 ・・・やっぱりマスターコマンドの肩の部分は作り直しだな・・・・
大きさが全然あってない・・・・
なんとなく新しい作り方は頭の中にあるのであとは実際に手を動かしながら・・・・・かな?



















本日はパテ盛しっぱなしだった胸部の整形作業
結局もう一回盛り直しになりそう・・・・・
次のパテ盛⇒整形で胸部は完成かな・・・・・
Dscf4145 Dscf4146



















さて・・・・のんびり気の向くままで・・・・・に全然なってない・・・・
もう手を動かすのが習慣になってきているのかな・・・・・
本日はこんなところで以上です。

デクーNFT製作過程⑥

 配色ですがエンペラーカラーに逃げてみました
Dscf4141


























実際の塗装作業はまだ先になるので変更の可能性もありますが
アイデア枯渇で干上がっている今の私ではこれが精一杯です・・・・
しばらくはのんびりしながらゆっくりとプラモの神様の天啓を待ちたいと思います。
実際作業続きで心身ともにちょっとリフレッシュが必要かな?と感じてますので。
更新のほうもひと月ほどはゆっくりペースになるかもしれません。
それでは本日はこんなところで以上です。

改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。最近はなろう小説の「エルフのハナちゃん」にドはまり中

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
761位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア