スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デクーNFT製作過程①

 エディオンカップに間に合わず申し訳ない気持ちですが、より作品の完成度を上げ、より良い作品をお見せすることでみなさんへのお詫びにかえさせて頂ければ幸いです。
 さて、それでは早速デクーNFT製作過程を追ってみたいと思います。
Dscf3968 Dscf3969




















Dscf3970 はじめにガチャガチャとパーツを組み合わせていた時点ではこんな感じでした。
すねをデクーと形状の似ているアキレスにかえたことで等身が上がり、かなりナイトフレームっぽくなりました。前後逆にとりつけてありデクーのすねを長くしたっぽくみえますかね?・・・・

















大体の形が決まったところで早速加工を開始しました。
LBXは顔が命!ということで先ずは頭部の加工をはじめました。
この時点であった角は後にとりはずしてます。


Dscf3975





Dscf3976 Dscf3978















一応あれこれ考えてジェネラルのパーツを加工してクチバシをイメージして作りました。
ちなみに頬の部分と頭の部分はジェネラルとエンペラーのパーツをミキシングして仮止めしました。










次は胸部のパテ盛です、エンペラーまんまではデクーっぽくないなと思い、パテ盛ヤスリ掛けをして形状を修正しました。
Dscf3979 Dscf3981















Dscf3982 Dscf3984













このころからちょっと背中がさびしいと感じてブースターをくっつけられたらな・・・・とぼんやり考えていました。またエンペラーの肩アーマーのトゲを切り飛ばしてヤスリがけでのっぺりとさせて、すっきりさせました。また足をエンペラーのものに交換しています。
Dscf4007























その後はアチコチトゲを切り飛ばしたりしてこんな感じになりました。





Dscf3986























とりあえず今日はこんなところで以上です。

スポンサーサイト

みなさんにお詫び申し上げます。

 私、はなけろ はこのひと月たくさんのみなさんのお力添えや励ましをいただきながらエディオンカップ参加に向けて作品製作を行ってきましたが、私自身のスケジュール管理の甘さから作品の完成が明日の締め切りに間に合わない事態になってしまいました。
 誠に申し訳ございません[E:think]
設定の構築にご協力をいただいた皆さん、励ましのコメントを下さった皆さんにはおわびのしようもございません。
ですがエディオンカップへの参加は間に合いませんでしたが、作品の製作はこのまま続行する所存です。
 時間の都合で手を加え切れなかった部分などももう一度納得のいくまで仕上げてより完成度の高いものをお見せします。
 またこれまで撮り溜めていた製作過程も後日より順を追って公開していきます。
最後に重ねて申し訳ございませんでした。[E:think]

 
 

エディオンカップに向けて この期に及んで・・・・(けっこうネタバレ)

 え~この期に及んでまだ配色に悩むカエルが一匹います。
色鉛筆でコピーに塗り絵を始めて・・・・・もう10枚以上塗ったでしょうか・・・・
なかなか「これだ!」という配色になりません・・・・・ま・・・なんとかなるでしょ・・・・
今夜の内には塗装に入る予定です。
 ちなみにいま行っている配色用の塗り絵を公開です。
吹雪さんのような素晴らしい画力は私には無いのでツッコミはなしの方向でよろしくお願いします。
Dscf4137





















もう時間も残り僅か・・・・・間に合うか?本日は以上です。

エディオンカップに向けて 各部工作作業完了!あとは・・・・

 え~~あれからサフ吹きを繰り返しているとやはり下地の色が見えている時と違い印象が大分変わってきて、同時にデザイン的な問題点が見えてきました。
 それに合わせてそれを修正する為工作作業を繰り返し、現在はあと一度サフ吹きをして、
各部のキズなどをチェックして磨いた後、塗装作業の開始です!
なんとか今夜中に作業に入れれば・・・・無理かな
現在のほぼ灰色一色の状態でそのシルエットを見るとブースターなしの状態なら、なんというかどう表現すればいいのか・・・・
 頭部をみると角なしの月光丸・・あるいはジ・エンペラーかM3にもみえるし・・・なんだか悪っぽいAX-00にもみえるような・・・・まあ狙い通りといえばその通りなのですがなんとも・・・
たぶんこれは塗装の配色によっては上記のどのLBXにもみえてしまうという問題をはらんでいる・・・ということになります・・・・・ほんとに気をつけないと・・・・
これは一度塗装前に簡単な線画を書いてコピーの上、配色パターンを検討する必要がありそうです・・・・・となると今日は塗装は無理・・・・ ホント・・・自分の無計画さがイヤになります。
 実際に作業に当てられる時間は実際20時間程度でしょうか・・・・・
これからは本当の意味で追い込みです!気合を入れ直してがんばります!!

エディオンカップに向けて 再びエディオンへ・・・

 え~本日はお店の方の邪魔にならないように閉店一時間前の客足が少ない時間を狙って製作途中のジオラマを持ってエディオンにいってきました。
 何故?と言えば私の作品はジオラマを伴っていますのでいざ完成した作品を持っていったら
「作品大きすぎです・・・ごめんなさい・・・・」なんて言われない様に実際にこの作品を持ち込んでも大丈夫なのかを確認しにいきました。
 結果は「大丈夫ですよ 」とのことでした・・・・・ホッと一安心のはなけろです。
ついでにハカイオーキリトカスタム製作で部品を使ってしまった、ブルドが700円で安売りしていたので購入、そして、ディスプレイに目をやると・・・・・そこにはなんと!
「あ!作品がある!  というわけでじっくり観賞タイム・・・・小学生の男の子が作ったと思われる金色をベースに赤なども足した、コードギアスに出てきた金色のナイトメアフレームを思わせる作品でした。(当然ジュニアコースの作品です。)
 他に作品は・・・・・・・・なし ・・・・あと残り3日だっていうのに・・・・・・
もしかして私みたいにギリギリまで手を加えているのか・・・・それとも・・・・・・
ぜひ前者であってほしいものです・・・・このままではちょっとさびしいです・・・
 で・・・・・まだ本体の塗装に入れてません・・・・・
理由は先日思いついたコードのアイデアですが、これが大当たり!
 のっぺりしたデザインに赤と青のコードが試作機らしさを加味して必要箇所の加工をしていましたが・・・・これが思ったより難航してしまい大分予定が狂ってしまいました
ですが、作品としての完成度は間違いなく上がったと感じています。
ジオラマの方もあとはNFTが完成した後に作業が完了する予定です。
何故にジオラマの完成があとになるのかと言えばその理由がこれです。

Dscf4103_2



















 ちょっと見にくいかもしれませんが、右側の壁・・・・これが理由です。
ディスプレイ画面風に作ってデクーとデクー改の画像とエンペラーの線画(設計図っぽくみえるかな?)をコピーしたものを貼り付けてみました。
 これによりNFTがジ・エンペラー開発前につくられたLBXであることが読み取れるように表現してみました。
 そしてその反対側は・・・・NFTのさまざまなポーズやオープンフェイス状態のアップ画像、
ランチャーハルバードを構えた姿、デクーとの戦闘風景(前につくった草原ジオラマを使って撮影予定です)etc・・・・・・
 それをコンピューター上のディスプレイ風に写真の大きさなどを変えてはりつけてみたいと思っています。
 のこすところ後3日・・・・・ああ・・・時間よ・・・止まれ・・・と言った心境です。
(凍れる時の秘法、バグバグ等も可)
明日は幸いなことに公休のため作業に没頭できます。
 エディオンカップ参加を決めたみなさんも作業は佳境に入っていると思いますが、
お互いにゴールまであと少しです!がんばりましょう!
本日は以上です。

エディオンカップに向けて ジオラマ大体完成!

 今日はジオラマをなんとかしてしまおうと奮闘していました。
 私の性格からして、このまま本体を作り続けるときっとギリギリまで手を加えていて、結局ジオラマは間に合いませんでした・・・・という事態が容易に想像できた為、ジオラマを先に仕上げることにしました。
 以前の記事で少しお話したかもしれませんがデクーNFT(仮)が調整作業を受けている様子を表現したかったのでアニメのエジプト登場シーンとΣオービス合体機能改造中のシーンを参考にして、以下のジオラマを作りました。(本体ではないからいいかな?ということで武器に続いて公開です。)
 実を言えばまだ完成ではなくもうちょっと一手間を加える予定です。(完成版をお楽しみに )
塗装の方もまだ影をつけてなかったりしますし・・・・・もうちょっと見栄えは良くなる予定です。

Dscf4095 Dscf4097















 正直需要があるのか甚だ疑問ではあるのですが、このジオラマの製作過程はコンテスト結果発表後にデクーNFT(仮)の製作過程といっしょに公開する予定です。
 まあ毎度おなじみ100円ショップで買った品々で作ったお手軽で安々のジオラマです。
 今日はこれから土日の塗装作業に向けて、部屋の掃除にかかりたいと思います。
 エディオンカップ参加を決めたみなさんは今、私同様に学校や仕事や生活の合間を見てがんばっていらっしゃることと思います。
 ついに締め切りまで残すところあと6日となりましたが私も皆さんに負けないよう精一杯がんばります、お互い悔いの無いようにがんばりましょう!
今日はこんなところで以上です。

ちょっと昔を振り返って・・・BB戦士のスクラッチモデル

 最近はLBXばっかりですが私は武者ガンダムも大好物です[E:lovely]
少し前に整理をしていた時に出てきた未完成作品を公開したいと思います。
先ずは璽武通(ジムツー)です。
 製作動機はなんか作れそうだったから・・・です。
結局は当時の技術レベルでは完成には至りませんでしたがオロチビグザム同様いつか完成させたいです。
Dscf4077 Dscf4078

Dscf4079













次は頭護津愚(ズゴック)です。
Dscf4074 Dscf4075

Dscf4076

こうしてみると結構いろいろ挑戦はしてたんだな~としみじみ思います。
駄文失礼いたしました。

エディオンカップに向けて 何とか大まかにはできた感じ・・・

 え~というわけでなんとか荒削りの段階ではありますが、今日と明日の帰宅後から明後日一日でなんとかサフ吹きの完了は目処が立ちそうです。
 さて、細かいモールドなどのデザインをどうしていくか・・・・塗装との兼ね合いも考えながら悩みつつもワクワクしている自分がいます。
 やっぱりいわゆる赤青のコードを買ってきてくっつけてみたいと思います。
これはキラードロイドの脚部をみていて感じたのですがコード類が体から飛び出しているとなんだかいかにも不完全で改良の余地があるっぽい感じに見えたので・・・(実際キラードロイドの脚部もアニメでは弱点だったりしましたし・・・・)
 製作中のデクーNFT(仮)は試作型LBXという設定なのでこういう表現の仕方もありかな?
と思っています。あとはあまりコードをくっつけすぎて下品にならないように気をつけないと・・・・・
今日はこんなところで以上です。

エディオンカップに向けて なんとか武器の工作は完了!

 というわけで地道な作業の結果、なんとか武器の工作作業は完了しました。


Dscf4067 Dscf4068

















これに今は塗装の都合で取り外しているスコープが付きます。
このままだと感じがつかめないと思うので家のデクー君に持って構えてもらいます。

Dscf4069 Dscf4070

























 















名称は「ランチャーハルバード」にしました。
エンペラーランチャーの試作段階のものというオラ設定です。
試験的に数丁作られたがハルバードとしての使用時に内臓のミサイルの誘爆が多発、
内臓弾頭の少なさやハルバードとして使用後にフレームの歪みから、ミサイルが発射不能になるなど問題点が多かったが、
エンペラーランチャーの開発時にはこのデータを基にハニカム構造を取り入れたことで強度の問題なども解決され、小型化されたマイクロミサイルにより、弾数の問題も解決された。
という設定です。
 なんとか今週の金曜辺りまでにはサフ吹きと磨きを終えて日、月で塗装に突入できればと必死になっています。
 頭部のマスクも可動部をもう一度作り直し、いまパテ盛を終えた状態です。
こうしてある程度サフが吹かれた状態を見るとなんだかエルシオン+デクーの
デクシオンっていう感じです。配色失敗するとホントにそうなりかねません・・・・・
ま・・・・こんな感じで作業してます。本日は以上です。

エディオンカップに向けて ジオラマの検討と製作等

 とうとうエディオンカップ締め切りまで残すところ10日となりました・・・・・・が
サフ吹きは一応しては見たもののあっちゃこっちゃ傷やら直さなければならない箇所が多数・・・・・・・・[E:crying][E:crying][E:crying]
 頭部と武器のパテのヤスリがけもほったらかし・・・こんな状態で後10日・・・・
今日はちょっと現実逃避気味にジオラマ・・・・というか台座の作成をしてみました。
が・・・ちょっと材料が足りずに・・・・といった感じです。
 ちょっとネタバレをするとデクーNFTが調整作業を受けている様子を表現したいなと思いましてパンドラの台座や100円ショップで買ってきた材料で今のところこんな感じになってます。
Dscf4052Dscf4053











 
 台座と作業用のアームの作成です。
アームやその先端は工具やリューターを取り付けた歯間ブラシの柄の部分を使用しました。
あとはプライマーを吹き付けてシルバーで途装すればお手軽メンテナンスアームの完成・・・・・・・予定です。
今日はこんなところで以上です。

エディオンカップに向けて エディオンに下見です。

 今日は仕事帰りに最寄のエディオンに寄っておそらく作品が飾られるであろうスペースを下見してきました。
 現在の所まだ提出された作品は無いようで、サンプル品の展示のみでしたが、
実際にスペースを見てみるとジオラマは必須かも・・・・・と思い始めています。
 いったいどのくらいの数の作品が展示されるのかはわかりませんが正直言って、仮に今私が作っている作品をジオラマ等なしで飾ってもあまり目立たないな・・・・と感じました。
 自分の思い描いている作品の世界観を周囲の作品が侵食してしまう・・・・といった感じでしょうか?
 これをキッチリと分けるための「仕切り」としてジオラマが必要と感じました。
やっぱりせっかく飾ってもらえるなら少しでも見栄え良く最高のものをみてほしいので・・・・
 ジオラマの案はできているのですが、作業の方が間に合うかは微妙です・・・・・・
今日もこれから作業に入ります。
パテ盛は一昨日のうちにすませ、現在は地道にゴリゴリヤスリがけで形を出しています。
明日明後日と連休の為どこまで作業が進むか・・・ま・・・地道に一歩ずつですね[E:happy01]

エディオンカップに向けて なんとか形は見えたみたい・・・

 本日は仕事はお休みのため製作作業に没頭です。

なんとか形は見えました。背面の月光丸タイプの試作型ブースターもこれからパテ盛⇒削り⇒整形⇒
繰り返し・・・・となる感じです。

 武器の方も一部パテ盛をしなくては・・・・あとは可動式の蓋のギミックも作らないと・・・・
ほかにもアチコチパテ盛待ちが・・・・・
なんとか今週中に一回目のサフ吹きに突入できればな・・・・と思っています。
 はじめは「ボンタンを穿いた職人さん」みたいな感じでしたが、今の作品を言葉で表現すると
(細身のデクーになんかエンペラーっぽいパーツと月光丸のブースターっぽいものがくっついたやつ)みたいなかんじです。
 個人的には、「なかなかかっこよいのでは?」と思っています。
サーフェイサーを吹いて色を統一するとより正確に形状把握ができるので、そのときまではなんともいえませんが・・・・・
 試作品らしくコードとかもむき出しでくっつけてみるのもいいかも・・・・・ブースター辺りに・・・
 こんなところで本日は以上です。

部屋の片付けをしていたら・・・BB戦士(大蛇飛駆塞虫・オロチビグザム)

 部屋の整理をしていたら懐かしいものがでてきたのでちょっと紹介します。

Dscf4034 Dscf4035













Dscf4032 Dscf4031













これは私の模型復帰後に以前紹介した2代目大将軍の後に製作に挑戦した、大蛇飛駆塞虫・オロチビグザムです。
 もとはMSinアクションだったかな?大き目のビグザムを基にして作りました。首などはウレタンのようなものを巻きつけちゃんと可動します骨組みはたしか水道用のクーラントライナー?だったかな・・・・・・・
 思えばいわゆるシリコンを使った複製に初めて挑戦したのもこの大蛇ビグザムのためでした。

Dscf4036なんだか骨壷みたいですね[E:coldsweats01]












現物も残っているしいつかは完成させたいなと思っています。
 当時はとにかくデカイものが作りたくて必死になっていたように思います。
某掲示板で闇大帝(超デカサイズ)を作っていたのをみて自分も・・・とはじめたように思います。発光ギミックを組み込もうと色々と買い込んでいたのを思い出します。
 トロイの完成で私の模型技術も確実に上がっているはず今ならば昔技術不足から断念した
作品も完成までもっていけるのでは?などと淡い期待を持っています。
ま・・・・当面はダンボール戦機一色でしょうが・・・・・・[E:happy02]
ちなみにオロチビグザムの面の部分はグラブロ(旧キット)を元にしてスクラッチしたような・・・・・・?後は複製で作りました。
結局顎の関節や発光ギミックなど当時の自分ではうまい解決策がわからず断念・・・という流れです。
こうして昔の作品を眺めているとたとえ未完成の作品でもやっぱり自分の技術向上の肥やしになっているんだな~~~と実感します。
 駄文失礼しました。

エディオンカップに向けて なんとか持ち直して作業再開

 なんとか気持ちを取り直して作業再開です。
現在は武器の製作です。カスタムアップパーツとデクー監視型付属の銃をもとに
プラ版などを使って形をだしました。
2連装の縦型ランチャー(蓋付き)に斧がくっついた感じです。
柄の部分も延長して、ハルバードみたいな感じです。
ちゃんとランチャー時用のスコープと柄もつけてあります。
 これから細かいモールドなどを彫ったり張り足したりして、なんとか完成にこぎつけたいです。
本体のほうもアチコチにまだパテ盛したままで削っていない部分もあり、デザインを考えつつ
コツコツと進めて行きたいと思います。
 さて・・・後はブースターかな・・・・・・

エディオンカップに向けて fgを見ていたら・・・・

 え~何か参考にならないかな~とfgをのぞいていたところ・・・・・
ありました・・・・デクーナイトフレームタイプ・・・・[E:crying][E:crying][E:crying]・・・・・
あちらの素体はアキレスのようでしたが・・・・・・デクーナイトという単語はもう使うわけにはいきませんね・・・・・・・デザイン的には上腕がデクーである点とアキレスのすねパーツを使用している以外は被っていないので模倣とは呼ばれないで済みそうです・・・・・・
それでもテーマが同じだけに二番煎じ感は否めませんが・・・・・・ここまできて・・・・・・なんてこったい・・・・・・久々にいってみましょう・・・

 (某妖精さんのように)だう~~~[E:crying][E:crying][E:crying]

・・・・・・・・・・・・・・・・・とりあえず・・・・少し頭を冷やす意味も込めて部屋の片付けでもしてみます・・・・(テイルズ・・・だったかなNPCがこんなセリフを言っていたのを思い出しました。
試験前になると勉強は手に付かないがなぜか部屋の片付けは,はかどると・・・そしてこれをこう名づけていました・・・・・・逃避エネルギーと・・・・・・・)

エディオンカップに向けて 頭部の改修について

 えー先日の記事で頭部がジェネラルを素体に使用しているというお話しをしましたが、ここで以前、頭部の仮面をはずすとモノアイが・・・というアイデアをシンニィさんからいただきましたが、このアイデアを使わせていただくことにしました。
 現在の状態はジェネラルの頭部素体にエンペラーパーツ6割ジェネラル4割ですがこれにエンペラーのパーツをさらに追加した上でパテなどで形状を整え可動式のバイザーのようなものを取り付けている最中です。
 バイザーを降ろした状態はエンペラーM3に近い感じになる予定です。
あらためて、シンニィさんや吹雪さん、私の作品作りにお力添えをしていただいている皆さんに


 心からお礼申し上げますありがとうございます。

エディオンカップに向けて タイムリミットやレギュレーションについて

 製作快調!・・・・ですがちょっと心に余裕がでてくるといろいろ考えてしまいます。
時間制限・・・・これがあると手の方も良く動くので不思議です。私はいろいろスクラッチ作品に手をだしていますが、結局いつでもできるという安心感からなかなか手が進まなかったりします。
前回のオレ流同様、時間制限や使用パーツが限られている中で作品を完成させることは自分の模型技術やモチベーションの持って行き方など学ぶべきことが多いように感じています。
なにかのビデオでホビージャパンの編集部の人が言っていた言葉を思いだしました。
プロモデラーとアマチュアの違いはひと月もない時間の中で一定のクオリティーの作品を仕上げるのがプロで制限のない時間を惜しみなくつぎ込めるのがアマチュアという話しです。
私が一年以上をかけてつくったトロイもプロと呼ばれる方々はきっとひと月ないし二月ほどで私以上のクオリティのものを作ってしまうのであろうと考えると立っている次元の違いを思い知ります。
 私はプロを目指しているわけではありませんが、自分の思い描いたものをもっと早く自分の目の前に作り出すことができればな・・・・などと妄想しています。
 整理整頓の仕方や工具の手入れなど自分にはまだ学ぶべきことが多いのだなとなんとなく思っています。
 駄文失礼しました・・・・思い立ったが吉日・・・ちょっと部屋の整理整頓でもしてみます。

エディオンカップに向けて なんだかだんだん・・・・・・

 え~・・・というわけで近況報告です。製作そのものは非常に順調です。
今はデクー肩と膝のアーマーを組み合わせて吹雪さんのイラストを参考にしながら、膝アーマーの製作中です。
 で・・・タイトルにある「なんだかだんだん・・・・・」とは何かと申せば・・・・
なんだかだんだん「ジェネラル」に似てきてしまったな・・・・・・・
ということです・・・・頭部はジェネラルを素体としていることも原因なんでしょうが・・・・・
膝アーマーもどうも削って細くシャープにするよりも盛って形を出していった方がデクーらしい、どっしりとした感じがでるようです・・・・・・・
 今の全体のイメージを一言で表すと・・・「ボンタンを穿いたとび職の職人さん」な感じです。
みなさんの協力もあっていろいろ設定は考えてきたけど「後にジェネラルの開発にもデータが流用された」ってことにして似せてしまうのも手かな・・・と思い始めています。膝アーマーが太い感じがイメージ的にジェネラルに近い感じなので・・・・・あとはふくらはぎのブースターの処理をどうしようかと妄想を膨らませながら楽しく思案中です。
ジ・エンペラーは海道ジンのために作られたLBXです、あの神技的な操作スピードに機体がついて行くようにするために・・・・・などと妄想中です。
 背面のブースターを作ってくっつければまたイメージが変わってくるのかな?
それに武器・・・・これはやっぱりエンペラーランチャーの試作品って感じがいいかな?
さしずめ・・・・・「アックスランチャー」と言ったところでしょうか・・・・
ジ・エンペラー完成当初はまだ内臓のミサイル大きさやそれに伴う弾数などの問題に加え、アックスとして使用した際の衝撃による誘爆など、問題点が多く未完成だったが、M2にバージョンアップした時にはこれらの問題点をクリアした完成版「エンペラーランチャー」が完成した・・・みたいな・・・・形はなんとなく見えてます。
試作品ですのでなんかとってつけた感があってもいいのかな?と考えています。
こんな感じでが近況です。
※(やっぱりあれこれと考えてる時が一番楽しいですね )

エディオンカップに向けて 製作快調!

 いろんな方々のお力添えをいただきつつ、デクーNFT製作快調です
頭部はミキシングも大体終わり、あとはバランスを整えつつどうデザインを変更するか思案中です。
胸部はパテ盛⇒削りでおおまかな形状出しが終わった段階です。
両肩のアーマーは素体のヤスリがけからパテ盛⇒これから削りの段階です。
やっぱりあのマイナスモールドがくっつくと形は全然違うはずなのにかなりデクーらしくみえてくるから不思議です。
 全体のシルエットは完全にブロウラーフレームではなくナイトフレームになりました。
エンペラーのパーツもあちらこちらトゲなどを切ったりしてからに配置してデクー+エンペラーな感じになってきました。
 さて・・・デクー改の意匠はどうしたものか・・・・・・デクー⇒デクー改の主な変更点はマイナスモールド⇒トゲとか腰のデザインの違いとか、あとは頭部の形状と胸のスリットくらいかな?
トゲはかっこいいとは思うけど試作機っぽさがなくなりそうなのでボツ
いま考えているデザインにマッチするのは胸部のスリットと腰のデザインくらいかな?
足の形もこのままじゃエンペラーのトゲを切っただけな感じなのでなんとかしないと・・・
腕は・・・まんまデクーでいいや・・・・似合ってるし・・・・手はエンペラーに変えて・・・しっかり筋彫りしないと・・・・。
こんな感じで地道に作業してます。
本日は以上です。



エディオンカップに向けて 神谷重工製LBXのブースターについての妄想垂れ流し

 神谷重工製のいわゆるワンオフと呼ばれるLBXには背面にブースターを背負ったものが存在します。
 先ずは月光丸、これは満月を思わせる大型のブースターを背負っている。
そしてもう一体はルシファー、これは小型のブースターを一対背負っている。
(ちなみにA国の最新技術が盛り込まれているという設定だが、技術の提供もとはオメガダインである可能性が高いと推測する。)
 さて、このブースター・・・・・かっこいいな・・・・と私は思っています。
できればデクーNFTにそれっぽいのをくっつけられたらな・・・・と考え始めています。
 見た目も派手になるし、コンテスト的にもその方が・・・と思っています。
さてそうなると設定はどうしたもんかな・・・・・と頭の固い私は考えました。
 エンペラーのプロトタイプとして作られたLBXに(私の脳内設定では後発の)月光丸のブースター(のプロトタイプ)をくっつける理由は?
 まあナイトフレーム開発において試験的にいろいろくっつけてみたというのは一応筋がとおっているようですが、だったら普通のデクーにブースターをくっつけて試験・・・と言うほうが自然なような気がしてならないのです。
 ナイトフレーム開発に実績がない以上まずはキチンと動くものを・・・・というのが優先されるように感じていまして・・・・・・
 とすると・・・・試験機にわざわざブースターをくっつけざる負えない理由が必要になります。
ブースター・・・・・くっつける理由・・・・・試験機に思っていたほどのパワーが出なかったから・・・・・とか?
 それで急遽背面にくっつけてみた・・・でもそれだとエンペラーにくっついてない理由が通らないし・・・・・
あ!・・・ブースターなしでも試験機の性能は結構よかったけど、ブースターの方を試験的にくっつけてみた・・・・なら大丈夫かな?
 デクーにもくっつけてみたけど月光丸はナイトフレームだからその雛形としてナイトフレーム装着時のデータを取る為にくっつけてみた・・・・みたいな・・・・。
 じゃあなんでエンペラーにはくっついてないのか?・・・前に名無しさんが言っていた重量バランスとか・・・・あとはスピードとか・・・かな?
 ブースターをつけて出力やパワーは格段に上がったけど重量バランスとスピードを犠牲にしてしまった・・・・みたいな・・・・(スーパーサイヤ人2的な?)だからエンペラーにはくっついていない・・・これなら大丈夫かな?
 月光丸にブースターがくっついたのは試験データをもとに改良を重ねた結果、浮遊型のブースターユニットとして完成され重量やバランスの問題がクリアされたから・・・・みたいな・・・・
ルシファーではこのデータがフィードバックされてさらに小型化+ツインドライブっぽい感じになったのかな?
 さてそうなると設定的にブースターは直付けタイプということに・・・・取り外し可ってことにしておこう・・・・・
形や厚みなども余り洗練されていない分厚くてゴツゴツした感じになるのかな?
まあ・・・・また余剰パーツをガチャガチャしながら考えます。
予算の都合もありますし・・・・・
今日はこんなところで以上です。

エディオンカップに向けて デクーの頭部デザインについて

 デクーナイトフレームタイプ(仮)※以下デクーNFT、を製作していてふと思ったことを書き連ねてみます。
 人間は物を見たときにそれを人間の体のパーツにたとえて見るというのを聞いたことがあります。
車のライトを目、ナンバープレートを口といった感じです。
Dscf3530
デクーの頭部・・・これをはじめてみたときはタイムボカンに出てくる骨メカを思い出しました。
目の下の歯のように見える部分がなんとも・・・・
 デクーのデザインをなさった方はきっとこういった見せ方も計算に入れているのだろうな~と思いました。




 Dscf3298




ここでジェネラルですが、もし、デクーの頭部を人間に見立てた場合が歯であるならば、ジェネラルは・・・・・・牙・・・でしょうか?印象もより精悍な感じにみえます。






 つまりなにが言いたいのかといえば、デクーNFTの頭部デザインをする場合はこの歯に相当する部分をどうしようかな・・・・と思案中なのです。
口元にあっておかしくないもの・・・・・・
マスク・・・・ネズミのような2枚歯・・・・他には・・・クチバシ!
うん!これなら細身のデクーの精悍なイメージにぴったりかな!
現在の作業は頭部のミキシング作業と肩アーマーのヤスリがけです。
形状を確認しつつゴリゴリと削ってます。
頭の角は可動式にしようかな・・・・頭頂部のラインにあわせてみると寝かせた感じもチョンマゲのようでこれはなかなか味があるので・・・・
(そういえばガンダムのメインカメラもチョンマゲがその起源であると聞いたことがあります)
今日はこんなところで以上です。 

改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
15131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1637位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。