LBXデストロイ制作 腰部ブースターパーツ検討開始

 

 LBXデストロイの腰部アーマーパーツに一体化している

パーツの制作の検討に入りました。



 とりあえず手近にあったジュアッグの指(?_?)を組立てて、

余っていたAX-00の足パーツを合わせてみることにしました。





Dscf5661_2



















果たしてどんな感じになるのか・・・・



こうして細かい作業の成功と失敗の繰り返し・・・

そういえば両肩のブースターの形どっかでみたことあるな~(?_?)と

思っていたら、〇クロス7のファイヤー〇ルキリーのサウンドブースターの形に

よく似ていると気が付きました。

でもブースターはキットになっていないし・・・結局スクラッチ・・・

まあ・・・手抜きになるよりはいいんですけどね・・・

腰パーツの接続はおそらくリュウビ方式になるかな~とかぼんやり考えてます。

股部分のバーニアも必要数確保したし・・・

地味で地道な作業の繰り返し・・・

たまに除くツイッターのTLも妖怪ウォッチやガンプラの話題が多く、少し寂しい

気持ちもありますが、私は我道を突き進むのみ!

今日はこんなところで・・・失礼します。

スポンサーサイト

通常営業再開♪さっそくですがLBXデストロイ(セロテープ芸なんちゃってver)

 というわけで自宅にて新しい相棒をセッティングして今はこんな感じです。

Dscf5655





















んで・・・デストロイのほうですが・・・


足の試作を繰り返し、なんとか形になってきたので


早速プラ版で制作してみました。


で・・・さらに仮に腕なんぞをつけてみると全体像が気になり始め、


ちょっとセロテープで仮組みなんぞに興じてみました


じゃん!!



Dscf5659




























Dscf5656


























な・・・・なんかカッコイイかも・・・・


これは完成が本当に楽しみになってきました♪



部屋の片づけも残ってるので今日はとりあえず・・失礼します。






LBXデストロイ製作・・・腕部接続部組み立て


 というわけで、本日は以前から少しづつパーツを作っていた



肩~二の腕にかけてを組み立ててしまいます。


というわけで・・・ほいっ♪



Dscf5652























大分それっぽくは見えてきたかと・・・え? これじゃどうくっついてるのか



わかんないって?・・・・んじゃ後から・・・うりゃ!!

Dscf5651






















だいたいこんな感じです・・・・次はどこつくろうかな?

脚の試作に入ろうかな?・・・今日はこんなところで以上です。

デストロイ製作腰部昨日の続き・・・

 
 というわけで今日は切り出したパーツを接着して大体の形をつけてみます。


んで・・・・現在はこんな感じです・・・

ちなみに感じを掴む為に仮にバーニアを仮止めしてみました♪


Dscf5649























Dscf5650























Dscf5648

























とまあこんな感じです・・・・あとに待ち受けるは修正無間地獄・・・・



そういえば話は変わって我が家で保護をしたミネルバ達・・・



箱絵をなんとなく眺めていたらミネルバってフクロウがデザインモチーフになってるんだな~とか思ったり・・・・勘違いかも知れないけど・・・・

俗に〇っキー耳と称される耳はフクロウの首周りか目の周囲の

デザインを頭上部に持ってきたものなのかな?とか思ったり・・・

いちおうミネルバの名前の由来の神話的にもあってると思うんだけど・・・調べんのめんどいので・・・割愛

さて・・・・最近はツイッターの方もブログの告知ばかりですが、

それだけ作業がノッている♪ということでご容赦を・・・

といってもまだまだ先は長そうです・・・・・・

形がまだ見えない今の段階ではこの勢いがとても大事です!!

まあ・・・あとで修正地獄inはなけろ脳内ダメだし劇場が待っているのですが・・・

さて・・・今日も早めに休みますお休みなさい。

LBXデストロイ製作・・・腰部製作

 
 というわけで地味~に地味~に製作中です。

んで・・・

これが・・・

Dscf5637

















こうなって・・・・





Dscf5645
















こんな感じ・・・・・

Dscf5647





















これだけみると・・・なんだかオービタルフレーム?だったけ?みたい・・・



でも・・・これでもまだ股の大きさは完成時に比べると小さい感じ・・・・

段差を付けつつ大きさを増す為にさらにプラ版で大きくする予定・・・



まずはきちんと根元の部分を綺麗に作ってから・・・・かな?

パテ盛→ヤスリがけ→プラ版貼り付け→形状出し→な感じ?・・・

LBXデストロイ考察・・・・みたいな感じ・・・・(かなりテキトー)

 
 ※以下の文章ははなけろ個人の脳内妄想でございます・・・

 公式の設定とはなんら関わりがございませんのであしからず。



 あくまで外伝の一読者として脳内に涌いてきた妄想を垂れ流しているに

 過ぎません。
 
 閲覧の際はご注意ください。ご協力お願い致します。


 




 さて・・・今回は現在製作中のスクラッチモデルLBXデストロイ

について考察してみたいと思います。



 ・・・といってもデストロイの出自については既に「ダンボール戦機外伝」

で「神谷重工試作型LBXトロイ カスタム」とはっきりと明記されていますので

・・・・・まあLBXトロイを元に海道ジンもしくは神威大門のメカニックが撮影用に



作り上げたカスタムLBX・・・ということになるんでしょうか・・・・

んで・・・ちと注目したのがそのデザイン・・・

アラタのドットフェイサーがリーゼンドットフェイサーとなっていたように、

今回の撮影で使われたLBXはいわゆる不良をモチーフにしたカスタマイズが

施されているようで・・・・



 ドットフェイサーのトサガがリーゼントに見立てられたようにトロイの方も



なにか見立て・・・モチーフがあるのでは?と考えました・・・



昨日の記事で・・・デストロイの首は詰襟の見立てでは?という記事をあげましたが、



デストロイ全身を見た場合はどうなるか?・・・・・

そういった視点で見ていくと・・・・アレ?と思えることが・・・



まず特徴的な足部分・・・・これっていわゆる「ボンタン」の見立てなのかな?



そういった目で見ていくとデザインに納得のいく部分が・・・



トロイに比べデストロイはすねから下が極端に小さいですが・・・

・・・・たしかにボンタンはいてる感じするかな・・・・

それに足の部分だけすねと色が違うのも・・エナメル靴を履いてるっぽいかも・・・

昨日いった首周りも詰襟っぽいし・・・



両腕のチョークスナイパーも見ようによってはトンファーに見えなくも・・・



チョークは教師の象徴で・・・それを打ち出す→教育的指導!!

・・・みたいな・・・80年代・・・・あ!!そういえば神威大門って

島内全部高度経済成長期に設定されてたんだっけ!

これは発見!!!って今頃気がついた私・・・

そうなると・・・白黒では想像の域はでませんが・・・



ボディカラーも「白の学ラン」をイメージしたものなのかな?・・・・

海道ジン→エリート→(80年代のアニメイメージ的に)白の学ラン・・・

あるいはドットフェイサーカラーの可能性も・・・

劇中劇の内容的に不良のアラタたちと同じカラーリング→自分もキミ達と同じという暗喩・・・・考えすぎかな・・・・



まあこういった考察はスクラッチの際はかならず行っている恒例行事なので



当たっていれば御の字、外れても気にしない方向で・・・

スクラッチの方も地味~に進行中・・・

形が進んだらまた記事を上げたいと思います・・・


LBXデストロイ・・・・腰部製作中大分完成のイメージがつかめてきた



 というわけで早速・・・昨日の続きを・・・・

まずはデクーの股パーツをインビットの腰パーツにミキシングするべく

必要な線を引いて・・・・


Dscf5635
















超音波カッターで・・・・サックリ・・・

Dscf5636














じゃあ早速インビットさんパーツと合体だ!!!

あ・・・それとついでに腹の部分のパーツも接着・・・

んで・・・・・・・・・・(@  @)つミ










Dscf5637


















で・・・昔作ったトロイパーツで全体のイメージを掴んでみる・・・・


Dscf5639






















大分イメージ的につかめてきた感じ・・・・



実際に製作当初は小さいかな?と感じていた全体のボリュームも



トロイと比較しても見劣りしないほどの大きさとなりそうな感じ・・・



・・・・・近況・・・現在風邪っぴき真っ最中・・・・



薬飲んで寝るっす・・・・じゃ・・・・失礼します。

LBXデストロイ・・・・首周りを修正・・・あと下半身の選定作業開始・・

 
 というわけで・・・今日も今日とて地味に地味~に作業のはなけろです。

で・・・・はい・・・コレ・・・(@○@)つΞ

Dscf5631
















Dscf5632














まるで学生服の詰襟みたい・・・・っは!!もしかして!!

HIRO先生はそれをイメージしてデザインしたのか?!

「ダブルショットチョークスナイパー」という変化球があったんだから・・もしかして・・・・

あとは前胸部上部・・・・やっぱりパテの盛り足しが必要かな?

なんというか・・・立体感不足がありありと・・・・



んで・・・・・・・次は下半身・・・色々試してみたけど・・・



 イメージとして一番近かったのがコレです・・・・(@○@)つΞ

Dscf5634





















やはり下半身は股部分がかなりの大きさになるためワイルドフレーム
の下半身がよいであろうという結論になりました。(足の付け根部分の取り付け位置的に・・・)

とりあえず手近にあったインビットさんの下半身を拝借してみました・・・

変更の可能性は大いにありますがバランス的にはこんな感じかな?と・・・・

体全体のイメージを掴む意味でもこういったことはスクラッチでは

大事かと・・・・

 さて・・・・・色々とアイデアは浮かぶものの実際にやってみないと

どれが自分の追い求めている回答に最も近いのかわからないわけで・・・

でも出来れば失敗はいやだから検討を何度も何度も繰り返すわけです・・・

さて・・・・今日も早めに休みます・・・・



最近はあまり夜更かしをせず作業も2時間以内とけじめをつけて行うように

しています・・・

 だらだら続けているホントに際限ないし・・・さて・・・ほかってから

今日はお休みなさい。

LBXデストロイ製作・・・頭部背面彫り込み開始・・・


  というわけで地味に地味~~~に作業中です・・・


昨日パキッ と取り外したプラ版にまずは鉛筆で書き込み・・・・

そしてその線を元に地道にデザインナイフを当てて・・・・

丁寧に・・・丁寧に切り込み・・・・





Dscf5629

















で・・・・現在はこんな感じです・・・




Dscf5630















頭部側面パーツとの兼ね合いなども考慮しつつ形のすりあわせを

しないと・・・・・明らかに形状が違うので・・・・



こういった点がいわゆる2次元のウソ・・・と呼ばれるもの・・・・



デストロイもコミックの書き始め当初と最後の方では細部に差異が認められ

ます・・・そしてあきらかに後者のほうがカッコイイ!!と感じます。

設定画としては初めのものが良いと思いますが・・・・



まあ・・・・この辺をどのように処理するかがモデラーの腕の見せ所・・・

といったところでしょうか?・・・・さて・・・・今日はこのままおやすみなさい・・・

LBXデストロイ頭部背面・・・地味に・・・地味に製作中

 さて・・・・今日は背面部分の製作に・・・

 まずはヤスリがけで後頭部部分を平らに・・・


 その後おおまかな形で切り出したプラ版を瞬着で点付けして仮止め・・・

 そこからヤスリがけでエッジを出しつつ形を整えていきます。

 で・・・結果現在はこんな感じ・・・


 Dscf5627






















Dscf5626




















Dscf5628























・・・・・・・・・・・とまあこんな感じです。

次はこの仮止めしているプラ版をパキッ っと取り外してから、

 細かいディテールなどを鉛筆で書き込み→掘り込んでいき

最終的には再接着・・・

となるのですが・・・・今後の製作や塗装の便も考慮すると・・・

 簡単な取り外しができる方が便利かな?・・・・・

この背面の形状をみると一部サイド部分の形状も再検討が必要かな・・・



こうして次々に起こっていく諸問題を根気良く一つずつ潰して行くこと・・・



これが最後になってああすれば良かった・・・・・あの時こうしておけば・・・

という後悔を少なくするコツです。

 そしてこのとき払った努力は作品の完成度という形で必ずかえって来ます!

目の肥えた人に作品を見せても笑われない作品になるように

がんばりたいです。

LBXデストロイ頭部修正作業中

 
 さて・・・頭部の修正作業中です・・・

 中央部を僅かに山型にすることでボリュームを出し、さらにトロイの特徴的な

 頭部を強調します。

  Dscf5623














あとはヤスリがけで等で延長した頭部後端の形状を整えて後頭部の



製作に取り掛かっていきます。現状ではちと長すぎなので・・・・

今回のデストロイも前回に近い形状のようなので、

バランスとかっこよさに気をつけつつ作業は続きます・・・




地道に・・・でも確実に一歩ずつ・・・・「あきらめる」という選択を

自分自身が選ばない限り、ゴールは必ず存在しています・・・・

自分自身がそれを選ばない限りは!!

・・・・そして私はこと模型に関しては諦めの悪いことこの上ありません!!

 ちょっとやそっとでは決して諦めませんよ!!

 誰になにを言われようとこの立体造形物が私の表現であり作品の形です!!

 今日はこんなところで・・・・失礼します。

に~らめっこしましょあっぷっぷ~(根気との勝負)

 
 前回試作した模造紙パーツを片手に外伝の「デストロイ」の絵と

 にらめっこをしつづけた結果ようやく以下の結論を導くことができました。

 Dscf5622




















上記が私なりの「デストロイ」股間部分パーツの回答です。

前面部分の段差部分は後方部分段差パーツよりも段差が高い状態である・・・

というのが結論です。これでデストロイ前面の絵と背面の絵の違いを

きちんと立体で説明することが可能になると思います。



サイズや細かい角度などまだまだ検討の余地は多くありますが、



基本路線はこれで行きたいなと思います・・・

 もちろんより説得力がある形状が割り出せればそちらにシフトしていく



こともありえますが・・・

 さて・・・・本日はこんなところで以上です、



 

 前後のパーツの高さが

デストロイ製作・・・ちょっきんちょっきんちょっきんな~♪(股パーツ試作中)※追記

 
 ~♪・・・というわけで現在股間のパーツの試作中です、

前回のトロイ製作で学んだことの一つに試作の重要性があります。

製作が勢いに乗っているときは

「大丈夫大丈夫♪このまま作ってしまえばなんとかなるさ~♪」と思っていたのですが、



いざある程度形が見えてきた段階になって・・・あれ?・・・・これダメじゃん・・・

となってしまった経験から今回も模造紙による試作をしてみました。

※ちなみに以前公開した際の足パーツと股間パーツは以前トロイを作った際にできた失敗品をちょっと加工したものです・・・・なんとかうまいこと使えないかな?・・・と考えましたが・・・・はい・・・世の中そんなにあまくないですね・・・・

 急がば廻れの言葉通り、まずは模造紙で試作品を作ってみました。


Dscf5618
 














おおまかなパーツの大きさを検討するためのものなので、そんなに精度は

必要ないと考え、ハサミでちょきちょき、セロテープでぺたぺた・・・・



で・・・・出来上がったのがこんな感じ・・・

Dscf5619














んで・・・・さっそく本体と合わせて見る・・・・


Dscf5620













Dscf5621


















まあこれからこの試作品を元に何度も切り貼りなどを繰り返して、

最終的な大きさを決めて、いよいよプラ版による加工に入りますが、

こうして試作品を実際に作ってみると、今回のデストロイは、

トロイに比べ、股間部分の縦の長さが2倍近いことが分かります。

実際に立体になったものを元に検討をしていくと、各関節との干渉などにも



比較的早期に気がつくことができるのでお勧めです。

なにより作業時間も10分ほどでできてしまうのも魅力ですし、この状態から



切り貼りすることも容易なのもいい感じです。

なにも全パーツを試作する必要はなく、必要と思われる場面で必要に応じて



対応していくことが大切だと感じます。

 制作方法は人それぞれですが、こういった方法で作っている人もいると



覚えておくと、なにかの役に立つことがあるかもしれません。


そういえばツイッターの方で「未ファ」という単語をよく目にするので

これはなんぞ?と早速ググって見ると・・・あ・・・なるほど・・・・

ダンボール戦機の同人誌の即売会なのね・・・・「未来系ファンクション」

が近々開催されるとのことで・・・早速HPを確認・・・

自分コミケとかは実際に言ったことがないのでなんとも言えませんが

同人誌やオリジナルグッズの販売、作品の展示なども行われるようです。

同人誌というとどうしてもそっち系を思い浮かべてしまいますが、

以前とらのあなさんの通販ページのサンプルで見かけた

ナイトメアとジョーカーが主人公の同人誌はちょっと続きが読みたいな・・・と

思いました。(ギャグ系嫌いではないので・・・)

 まあアキバなどに出かけた際に出会えたら保護してみたいと思います。

まあ目下はデストロイ製作にかかりきりなので材料調達の時のついでにでも・・・

必見!モデラーはなけろ(トロイの人)の真骨頂!!LBXデストロイ製作開始!!※加筆追記

 
  最近はフィギュア関係にばかり手を出していましたが・・・・



 やはり私ことはなけろ(トロイの人)の真骨頂はそのとき持っている

自分の技術を限界まで振るい、こだわりぬいて造り上げた

 LBXのスクラッチ作品にあると思っています。



  本当は3月14日の発売に合わせてシジミちゃんフィギュアを

 公開する予定だったのですが・・・・・・(待ってくれている方ごめんなさい・・・



 いずれ完成はさせますので・・・)

  2月の終わり・・・編集様から届いた一通のメールが事態を

  一変させました。

  記事の確認とのことで早速ファイルを開くと・・・・


  「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

 「なんじゃこりゃあああああああああああ!!!」



 そこに写っていたのは今話題の

      神谷重工試作LBXトロイカスタム

          「LBXデストロイ」

 の雄雄しき立ち姿でした・・・・・・

  ・・・・・さすがHIRO先生!!素晴らしい!!

 ダン戦ファンのツボを心得ていらっしゃいます!!!!!

 確認作業を終えて編集様にメール・・・終了♪


          ・・・・さて・・・・造るか♪ (って・・・もうかよ!!)


 まずは製作準備から・・・・いつものようにまずは形状の読み込みから・・・

 結局確認用の特集ページの全身画像から分かる範囲での情報で製作を

 してしまうことにしました・・・

 (見本本到着後、仮に形状が違っていてもある程度まで形が出てしまって

いればそこから修正は充分に可能と判断しました。)

 結局そこからは材料の選定と形状の読み込みに時間を費やして、

実際に作業に入ったのは3月1日の帰宅後からでした・・・

 まずは体の中心から・・・全体のサイズを決定するものなので、少し

 迷いましたが、今回はキットのデクーは使用せずセミスクラッチで

 対応することにしました・・・HIRO先生のデザインラインを再現するには

 結果的に正解だったようです。

 (キットのデクーでは正直大きすぎる感じだったし・・

 はっきりいって形が全然違うし・・・・ )

 バスターのアーマーフレームを芯に・・・・とも思ったのですが、

パテをバスターの胸部に盛って削りだしで造ろうとすると、どうしても

歪みがでてきてしまい、精度が出せないので、スッパリと諦めました。

  上半身の芯はバスターのコアスケルトンを中心にバランスをみながら、

各部を調整して使用し、買いだめしておいたアイアンハンマーと市販の

バーニアパーツなどを元にミキシングビルドで作り上げました。

Dscf5471



 











腹の部分は上半身からパテをはみ出させてそこから削りだして形をだしました・・・

 また、前回のトロイの時と同様に下半身との接続部はデクーの腕を使用し、



受け皿のパテ削りだし部分をリューターで削って調整、

芯を通して、デクーの上腕と接続し、



 なんちゃってボールジョイントによる腰部可動式にして見ました。

(これなら大した加工をしなくてもちゃんと腰がくねくね動いてくれるし♪

これはアイデアの勝利でしょう♪)




Dscf5475















 顔の部分はバルスパロスのジャンクから頭部をまるまる使用して、プラ版などで頬当てを造り、顔の形状はリューターによる加工とヤスリがけのみでほぼ問題なくできあがりました。

Dscf5490














その後は前回のトロイ製作においての鬼門の一つ特徴的な頭部の製作に
取り掛かりました。



 今回も原寸大コピーを元に模造紙と格闘して、こんな感じになりました。

Dscf5488













Dscf5478















で・・・本体と合わせて見る

その後プラ版を使って本番製作開始!


Dscf5493














・・・見事完成となりました。

が!・・・この時点ではまだ背面の設定画分からなかった為、とりあえず

前面のみで製作はストップです・・・

 肩のパーツもとりあえずで分かる範囲で・・・足も同様に

で・・・・・結局こんな感じに落ち着きました。



Dscf5500

  

 




 



 

  
 






その後見本本が到着してから・・・・ちょっと愕然・・・


 デストロイの最初の立ち絵と動きがあるときの絵では



 形状が・・・・これは漫画として迫力があるようにみせるようにしている

 結果なので・・・前回のトロイのときもこの形状の取捨選択に

すごく苦労したのを思い出しました・・・・

 今回のデストロイは前回のトロイのときの経験を生かして、はじめの

 立ち絵を基本として、動きのあるときのかっこよさを加味して、

 もっとも良いと感じたものを形にしていこうと思います。

スタイルもやはり、動きがあるときの絵が一番かっこよく見えるので・・・

今回誤算だったのはあの「ダブルショットチョークスナイパー」でしょうか・・・

 形状的にみて何かあるな・・・・とは思ってはいたのですが・・・・

 二の腕に延長ギミックを仕込んで完全再現できるようにしないと・・・

足の大きさも設定よりももっと大き目のほうが迫力がでていい感じの

 ようですし・・・・こりゃ作り直しかな・・・・

まあいろいろありましたが、結局現在はこんな感じになっています。

Dscf5523















Dscf5525










 これから製作過程は随時更新していきたいと思います。


とりあえずは以上で・・・次回をお楽しみに♪





※追記 修正箇所検討及びダメだし・・・

 肩パーツに取り合えずでサフ吹いて、トロイと比較してみる・・・・



Dscf5534


 









う~ん・・・小さい!! ・・・・ように見えるけど・・・・



 実は胸部のサイズはほとんど変わっていなかったり・・・・このあとさらに

盛り足して、動作時のかっこいいイメージに・・・・結局胸ちょっとボリューム



不足だったかな・・・・動きのある絵とちと違いすぎてるし・・・

正直のっぺり感がいなめない・・・・・要修正!!

腰周りの大きさで足のサイズが決まる感じかな?・・・・

股や足の部分が開きすぎるとガニマタに見えてしまうし・・・イメージとの

スリあわせが重要になってくるかな?・・・外伝片手にまた「読み込み中」

しないとだめかな?・・・・

肩はさらに横にブースターポットが着くのでOKかな・・・ブースターの

サイズは気持ち大きめ位がかっこいいかも・・・・・・・

こうなると・・・・・やっぱり足は作りなおし・・・・ ・・・このままだと、

ちと上半身の迫力に完全に負けてしまう感じ・・・・成長しないな・・・僕・・・



Dscf5536





















Dscf5537













頭部もよりイメージに近づけて・・・きちんとパテで修正と顔ももっとエッジを

出して修正してイメージに近づけて・・・

腕の関節部はとりあえず後回し・・・・腕の引き出し式は伸縮部分が

まるみえだとちとみっともないかな?ちょっと一考の必要あり・・・

あ・・・・でもパーツ差し替え式だけはNG!!・・・「イヤ!」だから。

さて・・・気を取り直して、地道な作業に戻ります。


改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。最近はなろう小説の「エルフのハナちゃん」にドはまり中

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
6040位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
761位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア