スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタンアーム途中経過報告とキャタピラRCフレーム失敗(涙)

え~タイタンアームの方ですがドリル部の完成度が上がり徐々にその形ができあがってきました。下が現在の状態です。




Dscf4235
















 大分形になってきました。
 これから穴を開けたりパテを盛ったりして形を整えていきますが、その後に待ち受けるのは
ジョーカーの方と一緒にやろうとしている「複製作業」・・・・・結局これが鬼門なんですよね~

あと以前キャタピラのフレームをグルーガンでくっつけていましたが、キャタピラとかませるギアをフレーム外に出す穴を開けたのですがフレームの厚みで、ギアが外に出る部分が不十分で結局失敗になってしまいました[E:crying]

・・・・・一応キャタピラを動かす構造としては悪くなかったのだけど、技術面で追いつかなかった感じです・・・・さて・・・・どうしたもんかな・・・・またしばらくは研究と試行錯誤が続きそうです・・・・
WAVEのGタンクとか使って形を出せば何とかできるかな?
 とりあえずこんなところで以上です。

スポンサーサイト

タイタンアームドリル部分 リトライ 改訂

 え~まずはこちらをご覧ください。

Dscf4191
















以前の記事で私が完成品とかほざいていたものです。

結論から申しますと・・・・作り直しました・・・・ハイ・・・

・・・・・・いわゆる「コレジャナイ臭」にたえられなくなりました・・・

以前と作り方はほぼ変わっていませんが、作業工程が減っています。

Dscf4226













まずはこのチーかま状のエポキシパテをこしらえます。

Dscf4225













以前よりもかなり固まった段階で取り外しています。

型からはずす前に面にヤスリがけをあらかじめしておいてキチンとエッジを出します。

Dscf4231














硬化が結構進んでいるので取り外しも容易でエッジもしっかりと出せています。
これを芯に撒きつけていきます。

Dscf4232















あとはリューターを使った旋盤スポンジヤスリ掛け⇒サフ吹き

で完成したのがこんな感じです。

Dscf4233

















原寸大とあわせてみます。

Dscf4234














今回は設定画どおりに刃の部分も十段になっています。
精度もかなり上がったはずです。

今にして前回のものをみると・・・・・

穴があったら入りたいです  ・・・・・・

ま・・・まあなんとか自分でも今回こそ納得の完成度のドリルができたので満足はしています。

・・・・このところ作りたい作品が多くなり、ちょっと自分に甘えが出てきていたようです。

こんなもんでも・・・・ま・・・いいか・・・・と

先日ふと昔の記事を読み返してからどうしてもこのドリル部分が気になりだして本日の改修と相成りました。

口先ばっかりで本当の意味で精進が足らなかったようです・・・・(反省 )

己のふがいなさを反省しつつ本日は以上です。

ハカイオーキリトカスタムドリル部基部と合わせていく

 というわけでちょっと基部と合わせてみます。
ドリルの方もリューターを使った旋盤加工できれいに目の細かいヤスリがけをしました。
Dscf4190













原寸大のコピーと合わせてみました。・・・・正直ちょっとドリルの溝の数が少ないけど・・・
ま・・・許容範囲かな?
Dscf4191 Dscf4192















地道な作業がつづきます。
NFTのペイント作業使い方が良く分かっておらず失敗⇒やり直し
ちゃんともっかい勉強してからだな~

ハカイオーキリトカスタムドリル部完成・・・かな?

 というわけで一応完成?したのかな・・・・
Dscf4187 Dscf4188














Dscf4189_2











なんとかイメージ通りの形にはなったかな・・・・
でもゴールへはまだ遥か彼方・・・・

・・・・・結局のところジョーカーをはじめ他の作品がある一定のところで詰まってしまうのって
複製・・・・これが大きな鬼門になってるんだよな・・・・・・
以前複製を行った時大量にシリコンを使ったにも関わらず失敗してしまい材料費を無駄にしてしまったのがかなりトラウマになっているみたい・・・・
小分けにすれば済む話ではあるんだけど・・・・・
ま・・・・お金とメンタルに余裕があるときにがんばろ・・・・・・



ハカイオーキリトカスタム タイタンアームドリル部続き

 一度付いた勢いは止まらず昨日の続きです。
昨日つくったドリルの隙間に輪ゴムをつめます。
これはこの後パテ盛を行う際、間隔を均一にする意味があります。
Dscf4166
















そしてパテ盛と毎度おなじみクリアファイルで作った型に押し付け
Dscf4167 Dscf4168

















    型からはずして

Dscf4170

















               荒削りを終えた状態
Dscf4171













ゴムを取り外した状態
Dscf4174













ちょっと仮組み
Dscf4176













そして本体と一緒に
Dscf4178 Dscf4180















昨日の・・・な状態から比べれば大分ドリルに見えるようになってきたかな?
あとはエッジが取れないように注意しつつゴムをはずした隙間をヤスリがけすれば完成かな?・・・・・まーそーうまくはいかないんだろーけど・・・・
本日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタム タイタンアームドリル部続き

 一度付いた勢いは止まらず昨日の続きです。
昨日つくったドリルの隙間に輪ゴムをつめます。
これはこの後パテ盛を行う際、間隔を均一にする意味があります。
Dscf4166
















そしてパテ盛と毎度おなじみクリアファイルで作った型に押し付け
Dscf4167 Dscf4168

    型からはずして

Dscf4170

               荒削りを終えた状態
Dscf4171













ゴムを取り外した状態
Dscf4174













ちょっと仮組み
Dscf4176













そして本体と一緒に
Dscf4178 Dscf4180













昨日の・・・な状態から比べれば大分ドリルに見えるようになってきたかな?
あとはエッジが取れないように注意しつつゴムをはずした隙間をヤスリがけすれば完成かな?・・・・・まーそーうまくはいかないんだろーけど・・・・[E:despair]
本日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタム ナンバリングもうめんどい・・・・タイタンアームドリル部製作!

 えーひきつづきハカイオーキリトカスタムタイタンアーム続きです。

今日はまず昨日型取りしたものをごりごり削りこんな感じになりました。


Dscf4149

うん・・・ま・・・こんなもんかな・・・・
ちょっとサイズが小さめなのはキチンと理由があって・・・・










Dscf4153



プラ版にプラ棒を3本並べ、そのうち2本をプラ版にはりつけ型を作ります。











Dscf4154

そこにエポキシパテを型に押し付けるように押し込んでいきます。
(余った部分はきちんとナイフなどで削り落としておきます。)











Dscf4163



時間が経ち形が崩れなくなったら型から取り外して・・・・









Dscf4164_2

・・・・・・・・・・・



(※注 当ブログは小学生が見ても安心な内容を心がけております・・・たとえ思っても口にださないのもマナーです・・・・
決して某幼女シスター教師のように連呼などなされないようご協力よろしくお願い致します。
 はなけろ より )

こんな感じで撒きつけます。
(ちょっと取り外すのが早すぎたので形が崩れてしまってます ・・・・ま・・・・このあとの修正作業でなんとかなるでしょ・・・・ )
芯の部分を小さめに作っておいた理由がコレです。
芯に巻きつけた時に厚みが増すことを計算に入れてあらかじめ小さめに作っておきました。
これで修正が終わった時にサイズはピッタリのはずです。
んで・・・・とりあえず恒例の仮組みです。

Dscf4165




・・・・うん
なかなかよさげな感じ・・・・









本日はこんなところで以上です。



ハカイオーキリトカスタム⑯二の腕製作とちょっと設定考察

 え~というわけで二の腕です。
Dscf3937
ジョーカーの二の腕にハカイオーの二の腕をくっつけて延長しました。












Dscf3933 Dscf3934_2






関節部は肩はリボルテックの10mm、肘は8mmをくっつけています。
このあと二の腕をパテで修正して形を整えていく予定です。
で例によって仮組みです。
Dscf3936













ま・・・こんなもんかな・・・・
キャタピラフレームがまだ片方なのは失敗した時の精神的保険のためです・・・・・・
(たしかに失敗したけど両方作ったわけじゃないし・・・・と自分に言い訳をするためです。
そうしないと失敗したときに確実にポッキリと折れます。いろいろと・・・・・ )
最近はテレビ画面とにらめっこをする時間がとても増えてきました。
画面をストップしては各パーツの形状を確認しつつ作業を進めています。
 今更ながらこのハカイオーキリトカスタムをまじまじとみるとまるで「赤鬼」を連想させる感じです。
 逆立った金色の髪に赤い身体・・・機械改造を施された赤鬼・・・・そんな感じですかね?
なんだか特撮番組なんかにでてきそうです。

 ここからは穴ぼこだらけ突っ込みどころだらけ覚悟でちょっと設定を考察・・・・ゲーム的に我王砲は撃てないという設定はアニメでも引き継がれている感じかな・・・一発も撃ってないし・・・・パーツにタイタンを選んだのはやっぱり同じプロメテウス社製だからだろうか?パーツ交換にも会社ごとに親和性や相性の違いがあるのだろうか?
同じプロメテウスならば後発のハカイオーの方が性能的には優れているはず・・・
そう考えると・・・・キリトはハカイオー(ハカイガーの可能性も・・・)をベースにカスタマイズを進めていたと考えるのが自然かな・・・・そしてその性能を引き出すためのパーツとしてタイタンのパーツを選んだ・・・・・・みたいな・・・・
見た目からしてハカイオーの動きは遅いという印象が拭えない。
郷田のプレイングのせいもあるかもしれないがボディの頑丈さとパワーで押し切るスタイルが頭から離れない。
やはりネックになるのはスピードかな・・・・ハカイオーは頑強さと引き換えにスピードを失っているそれを解消するためのタイタンレッグ・・・・これはキリトのプレイングスタイルも関係しているのかな?・・・少なくとも3体同時操作ができる仙道以上の実力がある以上、機体の性能だのみのプレイングはありえないし・・・・・・・・
じゃあ腕は何で?・・・・・・
他の武器を持たせられるメリットをすててあのドリルアームを選んだ理由は?
・・・・キャタピラってそんなに繊細な挙動をするのは難しいのかもしれない・・・・
二足歩行に比べるとパワーやスピードはあるけど剣や槍などを扱うのは小回りが利いたほうがいいに決まっている・・・・とするならばその有り余るパワーとスピードをフルに発揮できる武器のほうが良い・・・・そう考えたのかもしれない。もともとタイタンというLBXがキャタピラとドリルアームがセットになっているのもそういった理由からかな?
一応ドリルアームも射撃はできるし・・・・
穴だらけの考察失礼しました。なんとなく書いてみたくなったので。

ハカイオーキリトカスタム⑮キャタピラフレームくっついた

 というわけで今日も今日とてコツコツ製作です。
バラバラのパーツをコレを使ってくっつけました。
グル~ガンです。
Dscf3930














いまいちどんなものか分かっていないまま使ってみます。(けっこーこういうところテキトーです)まあ熱で樹脂を溶かしてくっつける接着剤みたいなものという認識です。
でできあがったのが
Dscf3923 Dscf3924 Dscf3925














ガッチリくっついてるし合格。内側のみくっつけたので外側の溝は瞬着などで埋められるかな・・・
そのあと表面をぴかぴかになるまで磨き上げて少しでも摩擦を小さくして・・・・
今日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタム⑭キャタピラ加工と配置の詰め(主に妄想)

 というわけで少しづつですがキャタピラ部分の加工開始です。


Dscf3921 Dscf3922













ハカイオーキリトカスタム⑬タイタンアーム続きとジョーカーについて

 え~調子に乗ってまた更新です。
やっぱり形がみえてくるとモチベーションが上がる上がる
まずはタイタンアームパテ盛りです。
前回作った芯にまずクリアファイルを撒きつけます。
これでおおまかな形を出します。
ずれないようにファイルの端を両面テープとテープで固定する。

Dscf3905
















芯にポリパテを多めに塗りつけたらクリアファイルで作った型に押し込みつつ戻す。
で固まったらテープを取り外して完成!
意外ときれいにできましたが当然よく見ると穴だらけなのでこれからヤスリがけ⇒パテ埋めの
繰り返しで形を整えていきます。

Dscf3906 Dscf3907_2















で例によって両面テープで仮組みしてみると

Dscf3920_2   













こんな感じです。なかなかいい感じ ♪
でさらにちょっと本体とあわせてみるとこんな感じです。

Dscf3919













い・・・・いい感じ・・・・
ちなみに、にの腕は転がっていたジョーカーの腿にちょっと穴をあけて仮組みしましたが
これって以外と合ってるかも・・・・軸受けを切り飛ばして、表面のモールドをキチンと加工すれば・・・・とりあえずは以上です。
 そういえば今ハカイオーの方に掛かりきりで手をつけていないジョーカーキリトカスタムですがいずれちゃんと再開する予定ですのでご安心を。
(検索などのワードを見るとキリトカスタムで来ていただいている方が多く見受けられますので一応ハッキリさせておいた方がいいかな・・・と思いまして。)
いつとは申せません。が最後まで作りきる大切さはトロイ製作でしっかりと学んだつもりです。どうか気長にお待ちいただければ幸いです。

ハカイオーキリトカスタム⑫仮組みでキャラクターモデルとしてのバランスを見る

 今日は休日、少しづつ作業を進めます。
何とか下半身の可動も一応の目処が立ち、
ここからは、シロートモデラー「はなけろ」としての腕の見せ所です。
・・・・・というわけでまずは両面テープで仮組みをしてバランスを見ます。

Dscf3898























Dscf3896

























Dscf3901



















































 全体としてのバランスはやはりキャタピラ部分が大きい印象だがこれは想定内。
(現状では無加工のためキャタピラから透明なフレームが飛び出しているが、これはもちろん加工するためキャタピラの太さは黒い部分で収まる予定。)
これが可動モデルとしての妥協点か・・・・・無念・・・・・
 腰のデザインは特に変更を要さずに可動の実現は順調、このまま進めていけば問題なし。
 Gタンクショートを加工し、股の部分の芯を作る、股関節はブルドのものを切り詰めて使用
一応少しずらせばキャタピラの角度を変えてポージングもとれるのでキャラクターモデルとしても合格点。
Dscf3902
 キャタピラとの接続部の三角形のパーツは後で加工してデザインを可能な限り近づける予定、強度との兼ね合いもあり削るのではなく盛り足す方向で検討中・・・
 円形のカバーはフライトパックを加工して製作これも問題なくこのままパテなどで形を出してゆけばOK。
 キャタピラカバーは電池や基盤の赤外線受信部及び電源スイッチとの兼ね合いがあるのでキャタピラの加工と合わせて行っていく予定。
 肩はキットのままでは可動させた際におそらくグニャグニャになってしまうのでリボルテックだったっけ?アキバに行ったときに仕入れたものをさらにデザインを合わせて使用する。
 あとは腕部及び頭部か・・・
 腕部・・・あのまま進めていけば問題ないと思われる。・・・・・・が、もし可能ならちょっとマイクロモーターと電池と基盤を仕込んで・・・・・・・と邪悪な考えが頭をよぎる・・・ま・・・形ができてから考えよう・・・・・・・・
 頭部・・・これがどうにも曲者・・・・アニメのものと細部がかなり変わっておりパテで結構な修正作業が必要と思われる。全ては完成度を上げるため・・・
と以上はなけろの妄想劇場でした。
これを現実にするのがなんとも・・・・・・・
ま・・・まあ・・・相変わらずのマイペースで行きたいと思います。

ハカイオーキリトカスタム⑪(追記)

 とりあえず仮組みをして可動実験・・・・ギアと車輪をくっつけてモーターでまわす方式のため
パワー・スピードともに充分と判断。
仮にこれにボディの重量などが加わったとしても充分お釣りが来る感じです。もしかしたらちょっと速過ぎるくらいかも・・・・その時はもう一枚ギアをかませて調整予定。



Dscf3891 シンプル アクセスカウンター

ハカイオーキリトカスタム⑪一歩でも前に・・・・

基盤→ポケコンあっちこっちミジュマル(もう一体ピカチュウも別バンドのものを確保)
処分品を格安で入手できたのは幸運だった。
しかも、もともと単4電池2本+モーターも130のものなので電池の本数を減らすだけならば電圧などの問題も無いはずと考え、採用を決定。
Dscf3873
















基盤の大きさの問題も逆転の発想で小さいものにあわせるのではなく大きいものを収まるように作ることで解決を試みる。
Dscf3880
前回のキャタピラフレームガイドより一回り円の径が大きいがデザイン的にもほぼ支障が無いレベル。ちなみに基盤の形状が縦長の為、前回のサイズでも充分収納可能だった。
(ビーズタワー(ケース)100均にて購入)
前回までのキャタピラフレームガイドの最大の問題点、ポリプロピレン製であることも今回は
スチロール樹脂製のため加工が可能となる。






今後はこれを加工⇒基盤やギアなどの詳細な配置を考えさらに加工⇒走行試験となる予定。
ここで思うような結果(先ずキチンと走るのか?キャタピラが動くのか?そして可能ならばスピード)、が得られなければまた一からやり直しとなる。
少しでも良い結果を、少しでも劇中のLBXに近いものを目指したい。(なるべく低予算で )
以下画像色々です。
Dscf3869 Dscf3879




















Dscf3890 Dscf3881 Dscf3884 Dscf3889 Dscf3888

とりあえず生存報告です。

この一週間雪の影響で帰宅時間がおくれ帰宅→風呂→寝るの繰り返しでした。
記事の更新をまっていていただいているみなさまには申し訳ない限りです。
ハカイオーキリトカスタムですが安売りで見つけたRCが内部基盤もつかえそうなので
試しています。
あとは実際に組み上げて動いてくれるのか・・・・・・
それでは以上です。画像もなしでごめんなさい。

ハカイオーキリトカスタム⑩し・・・・試・・行・・・錯・・・・・

・・・・・・・・もう前に進んでいるのか後退しているのか・・・それすらわからなくなってます・・・・
考えすぎでかなり疲れてます。
一応折衷案ということで先端にゴムなどを貼り付けた赤いギアをキャタピラ内部中央付近に一部接地面に触れるように穴をあけてタイヤの代わりにしつつキャタピラを動かすという案を進めています。
ちなみにキャタピラはフレームを滑らせるというかなり強引な方法です。
フレームの左右にカバー兼キャタピラのガイド兼シャーシをつける予定・・・・
二つに分かれているキャタピラも接着かどうにかしてくっつけて・・・・・
なんか予定ばっかりだ・・・・・・

Dscf3864

Dscf3862












あとはもう少し小型の赤外線受信装置・・・・・ヘリコプターとか見て見たいと思っています。
あれってものによっては結構小さい気がしたので・・・・・・ヤマダでものぞいてみるかな?
前進だけできれば左右旋回はコントロールでなんとかなるし、後進はできるんだったらなおいいやぐらいの感じで行きたいと思います。
電池はキャタピラ上部のカバーに単4電池ボックスをうまく収納できれば・・・と考えています。
可能なら受信装置も入ればいいな・・・・・もっとひらべったい感じの電池があればそっちに変更して・・・・・充電式のリチウムイオン電池とかかな・・・・でもスタミナや電池交換の利便性や購入の容易さも考慮しないといけないし・・・・
・・・・・・・・・ま・・・・試行錯誤続行です。
それと上半身の内部をまだ公開してなかったと気づき以下画像です。

背中のタービン?部分に充電用の突起が出るようにしてます。Dscf3859


















他バトロボーグの背中の部品を胸部に電池込みで無理やり詰め込んでます。
きっとブルドだったらスペースや造形のことでこんな苦労しなくて済んでるのに・・・・・

Dscf3860 Dscf3861

ハカイオーキリトカスタム⑨ほんとにいろいろ試行錯誤中

いよいよ雲行きが怪しくなってきました。
ここしばらくの間はずっとあ~でもないこ~でもないとあれこれ試してみるのですがどうにもスペースが足りません。
赤外線受信装置・・・もっと小型のものを探すべきかな?・・・・・・・
それにこれでほんとにキャタピラが回ってくれるのかも疑問です・・・・
心が折れそうになった時は1~2ヶ月程、他の作品を進めて気分転換とインターバルを置きたいと思います。
単純にキャタピラを動かすだけならばそんなに難しい話ではないのですが、どうにも曲者なのがタイタンレッグのデザイン上の問題です。
キャタピラをもった戦車はアキレスタンクのようにキャタピラとキャタピラの間の空間がつながっているのですが、タイタンレッグは完全に左右分離しています。
これがなんとも難しい・・・・
これを赤外線送受信で動かそうとすると左右のキャタピラがそれぞれ独立して動くようにしなければなりません。
デザイン上の制約を無視することだけはなんとしても避けたいと思っているので、あと考えられるのは・・・・・最悪の妥協案・・・・キャラピラはただの飾りにして、キャタピラ内に小型RCをしこんで動いているようにみせる・・・・・・・はあ・・・・
なんだかやればやるほどドロ沼にはまっていくような・・・・・・
駄文大変失礼いたしました。
以下いろいろ画像です。
Dscf3837 Dscf3838 Dscf3839 Dscf3842 Dscf3844 Dscf3845 Dscf3846 Dscf3847 Dscf3849 Dscf3853 Dscf3855_sh01

ハカイオーキリトカスタム⑧タイタンアームおかわり

それっぽい材料が揃ったので試しに作ってみる。
以前の記事で考えた方法で製作してみます。

Dscf3827 Dscf3828














Dscf3829 Dscf3833


















一見自分の理想の形にはなった気がするけど・・・・
まだなんともいえない状態です。
マスキングテープで仮止めそこにセメントを流し込み固まるのをじっくり待ちます。
今度こそうまくいってほしいんですが・・・・・・・今日は以上です。
※(ちなみにホイールはガンタンクのものとWAVEのバーニアに両面テープを貼り付け角棒を仮止めしました。)



ハカイオーキリトカスタム⑦いろいろ試行錯誤中part②

いろいろ試してみています。ホントに手探り状態です。
今の心の支えは私の頭のなかにある悲しい妄想だけです。
・・・・・・どうかこの妄想が現実になりますように・・・・・



Dscf3788 Dscf3789














Dscf3791
Dscf3792



Dscf3793  Dscf3794




ハカイオーキリトカスタム⑥ちょっと進展 他雑記

なんとかキャタピラ内に収まるサイズの動力・赤外線受信装置・電源が見つかりました。
トイザラスで見つけた小型の赤外線RCを分解して確保しました。
Dscf3754
Dscf3755














モーターはマイクロモーターと呼ばれるものだそうで正直パワー不足な感じなので他のモーターと交換予定です。
さてここからが一番の難問・・・・・キャタピラ可動を実現しつつもこれらを内部に納め、なおかつ、モーターからの動力をギアなどを使ってある程度落として伝えなければなりません。
ホント・・・どうしよう・・・・・もうここまできてるのに・・・・・
これからはこの下半身のキャタピラ部分の試作品をいくつも作っていかなくてはならないのかな・・・・
たしかに構造としていくつかの案はあるのですが・・・それが実際にうまく動いてくれるのかわからないのでホントに何ともいえません。
まず部品を手に入れてからそれにあわせて作っていくしかないので・・・・
それにその試作品のための部品探しもしなくてはいけません。
明日はいよいよ大晦日ですが天気がよければアキバにでも繰り出そうかと思っています。
そういえばダンボール戦機カフェ・・・夏は行けませんでしたが明日1日だけ復活だそうです。
エルシオンロコモコ・・・ディードカレー・・・食べてみたいな・・・・・銀座かあ・・・・
イカロスフォースのクリアバージョンもまだ確保してないし・・・それをいったらLBXもベクター
を買い損ねてからそれ以降のLBXは全然確保できてないし・・・・・・
キリトカスタム以下・・・部品がなくてストップ中のスクラッチ群の部品も買いたいし・・・・・
それにこの部屋の惨状・・・・私のスクラッチ作成の進みが遅い原因の一端はこれですし・・・
はあ・・・・やらなきゃならんことはあるのにどうにも・・・・
とりあえず・・・今は部屋の片付けから始めようと思います。
明日は最寄の某黒猫さんの本名の元になった駅から朝もはよから繰り出したいと思います。
天気がよければですけど・・・・(風邪っぴきで正月を迎えたくはないので・・・・)
それでは良い年をお迎えください。失礼します。




あ・・・LBXトロイの公開はちゃんとしますからね!下書きも準備OKです。



ハカイオーキリトカスタム⑤ 失敗・・・でもまだまだ!

タイタンアーム失敗しました。
結論から言うとまたでかすぎました。
直径が1mmも大きかったのです。
それにドリル基部から後端に向かってやや斜めになっていますがその角度が数度ずれており自分としては到底なっとくのできる完成度にならないと判断し作り直しを決断しました。
正直なんとなく似ているものでよければそのままにしても問題ないレベルなのでしょうが
後になって結局自分が納得できずモヤモヤと後悔し続けるのが目に見えたのでこういうことになりました。
ですがドリル基部は自分でも納得の完成度で、このまま使用することにしています。
また思わぬ発見がありタミヤのワイルドミニ四駆のホイールとドリル基部の大きさがピッタリと判明しこれを加工して流用することにしました。以下画像です。
Dscf3744 Dscf3745












さて、今回失敗した腕の製作をどうするか・・・・
制作方法そのものは間違っていなかったように感じます。
強度や軽量化を加味して考えても悪い方法ではなかったと思います。今回の失敗の原因はプラ角棒を貼り付ける元になったものの選別を失敗したのがそもそもだったのと角棒の2mmという太さを忘れていたのが原因です。つまり以上二つの原因を取り除くことができればよいということになります。
まず角棒の太さを計算にいれその上でドリル基部接続面と後端の円の面積を割り出した円形のプラ版を作り、それに角棒を貼り付けていけば良いということになります。
後は中心がぶれないよう中央にプラ棒などで芯をつくりその両端に円形プラ版を貼り付け
ればよいということになります。
・・・・・・これはちょうどいい大きさの直径の異なるホイールなどがあれば中心を取るのも難しくないし・・・・う~ん・・・考えがいまいちまとまらない・・・・
年末になり仕事も明日でようやく仕事納めになります。
今度こそ失敗しないように慌てず急がずにいきたいと思います。
新年1月1日12時00分トロイの公開も間近に迫りました。
技術がまだ未熟な自分にあるのは「カッコイイものを作りたい」というこの気持ちしかありません。
失敗しても何度でも挑戦しつづけるしかありません。
これからも自分の成功も失敗も全てが報われる作品の「完成」を目指してがんばります。





ハカイオーキリトカスタム④タイタンアーム続き

2mm角棒が作業途中で品切れ・・・・今日やっと見つけて作業再開です。
で・・・今こんな感じです。
Dscf3737 Dscf3738













Dscf3739 Dscf3740















後はパテ盛り→ヤスリがけといった流れになると思います。
形状的にはかなり近いものになっていると思いますがまだなんともいえない段階です。
下半身の材料(主に小型の赤外線RC)探しもしていますがいいものが見つからず途方にくれています。
こういうのは経験的にある日何の気なしに見かけたものがピッタリだった・・・ということが多いので気長に出会いを待つことにします。
赤外線受信装置以外は全部自作で・・・というのも考えましたがこれも材料探しからになるのでアキバなどに繰り出さないと無理だろうと考えています。
ま・・・年末のお休みに入ってからですね・・・・
結局のところ、こういったRCとしての部分がクリアされないと先に進めようがなくなっている感じです。(デザインとの兼ね合いもありますし・・・・)
今更ながらホント・・・無謀な挑戦をはじめたものだと思い知ってます。
一瞬ブルドとかなら作業的にもこんなに苦労しないのに・・・とも考えたのですがハカイオーキリトカスタムと比べると・・・あんまり好きじゃないんですよね・・・・・やっぱり自分が欲しいと感じたり、カッコイイと思えないと製作意欲がまったくわかないので・・・・・・
そう考えるとアニメの影響って大きいんだな・・とあらためて感じます。
本日はこんなところで以上です。

ハカイオーキリトカスタム③タイタンアーム作成開始

今日もタイタンレッグの可動に頭を悩ませていますが、気分転換もかねてタイタンアームを
少し進めて行きました。
まずキリトカスタム用に買ったGタンクショートMを使用し、タイタンアームのドリル基部を作成
それにダイソーで買った2本百円の油性ペンを加工したものを合わせます。
(ハカイオーキリトカスタム②参照)
そこに2mm角棒を貼り付けていきます。あとはパテをぬりつけて削ればそれっぽくなるのでは?と思っています。(ダイソーの油性ペンのままでは塗装難しいので)以下画像です。
Dscf3730 Dscf3731 Dscf3732



Dscf3733



Dscf3735

ハカイオーキリトカスタム②とりあえずいろいろ試行錯誤中

現在いろいろ試行錯誤中です。
正直なところ、ただの改造スクラッチ作品として作るならこんなに悩むことはないんでしょうが、
このハカイオーキリトカスタムが目指しているのは最終的には「擬似的にでも遠隔操作で動かすこと」が目的です。
上半身(腰)の可動は目処が立っているのであとはタイタンレッグをどのように動かすかが問題です。
とりあえずダイソーでこんな材料を見つけたので加工を施してみました。
正直塗装はできないポリプロピレンなのである程度加工したらそれを型にしてレジンで複製になると思います。まずはいろいろ試してみることが先決!ということで以下画像です。
Dscf3504 Dscf3505 Dscf3662 Dscf3663 Dscf3507 Dscf3508 Dscf3657 Dscf3659 Dscf3664














正直キャタピラの可動は難しいなとは思っているのですがどうにも諦めきれずにこんなことを試してみています。(やっぱりキャタピラが動くとカッコイイと思うので・・・)
自分には電子部品を扱うスキルがないので、市販品をどうにか工夫して形にしていく以外に方法がありません。
我ながらかなり無謀な挑戦をしているのだな~と実感しています。
もし、失敗したら普通のスクラッチ作品としてハカイオーキリトカスタムを作って行きたいと考えています。
・・・・でもやっぱり成功させたいですね・・・・「本当に動くLBX」・・・見てみたいので・・・・
んで、できあがったら動画を録って、
YOUTUBEにでもアップして・・・・・悲しい妄想です・・・・
とりあえず本日のところは以上で近況報告終わりです。失礼します。

擬似LBX計画発動!(ハカイオーキリトカスタム①)

                      「LBX」

これはLEVEL5によって製作されたゲーム「ダンボール戦機」内に登場する架空のホビー用小型ロボットの総称です。
バンダイさんから発売中のプラモデルはそれを忠実に再現したものですが、けっして動くことはありません。
ライディングソーサーという商品は擬似的にそれを叶えた非常に夢あふれるものだと感じます。
でも、もし、本当に動くLBXが存在したら・・・・・・これはダンボール戦機のファンであるならば一度は考えたことがあるかと思います。
現在は昔と違ってホビー用の電子機器も小型化が進み、自分が子供の頃はとても手が出なかったようなラジコンが手のひらに収まるサイズになっているそんな時代です。
私はある日某おもちゃ店にて「バトロボーグ」なるものを購入しました。
これはタカラトミーさんから発売中の遠隔操作によるロボットバトルが楽しめる玩具です。
私がこの商品を購入した動機はやはりLBXです。
わたしはこのバトロボーグの内部構造を移植して擬似的に動くLBXが作れないものかと試しに購入しました。
検討を重ねた結果このバトロボーグの腰部遠隔可動装置を内臓できるバンダイのLBXシリーズでは複数ありますが、私はハカイオーを選びました。
その理由が「ハカイオーキリトカスタム」の存在です。
ハカイオーキリトカスタムは上半身がハカイオー・下半身及び両腕がタイタンのものになっています。
もうお分かりの方もいらっしゃると思いますがタイタンアームを装備しているハカイオーは腰が左右に動くだけで本当に動いて攻撃をしているかのように見えるのでは?と私は考えました。
そして下半身を構成するタイタンはいわゆる戦車のような形でこれも自分の現在のスクラッチ技術と合わせればうまく作ることができるかもしれない・・・さらにいえば実際に遠隔操作で動かせるようになるかもしれない・・・・つまり、下半身と腰部の可動で擬似的に実際に遠隔操作で動かすことのできるLBXを作れるかもしれないと考えました。
もちろんその大きさはバンダイのプラモデルシリーズと同じサイズでデザインも変えないようにという制約つきです。
ここ数ヶ月ひそかに試行錯誤を重ね、なんとかバトロボーグの移植に成功しました。
一応モーターもキチンと回り、塗装の都合もありまだ切り離した状態ですが、
公開したいと思いますDscf3499

Dscf3500













Dscf3501













実際に完成するかどうかはまったくわかりません。
でも、もし本当にそれを完成させることができたら、本当にうれしいと思います。
正直下半身の可動は目処がまったく立っておらずキャタピラ式の可動は難しいと考えています。
たぶんキャタピラを貼り付けた接地面だけタイヤで動くような感じになるのでは?と考えています。
タイタンの下半身のデザインでは電池や赤外線受診装置を組み込むスペースがおそらくキャタピラ内しかないと考えているので・・・・・・・・・・・。
キャタピラ内に蓋をしてその中に仕込む感じになるのでは・・・・と思います。
正直成功の可能性は低いと思います。よってこの記事は私の妄想・・・夢物語程度の認識でいていただければ幸いです。
この記事の更新頻度を極端に遅いと思います。本日は以上です。



ハカイオーキリトカスタム準備

いいもんみーつけた。というわけで100円ショップを徘徊してこんなものを



みつけました。



レモンジューサーです。この形状、大きさもうおわかりですね



いわゆるタイタンアームのスクラッチに使えないものかな・・・・・と



購入してきました。ちょっと余分なパーツが目立ちますので加工後に



型取→複製といった流れになると思います。さてまだまだ作成開始にも



なってませんが私のスクラッチはこんな感じで始まります。



Dscf3160

改造フィギュアについての諸注意
当ブログでは市販品を改造したフィギュアの画像がございます。成人指定のものは一切ございませんが、ご不快に感じられる方もいらっしゃるので、閲覧の際はあらかじめ上記のことを踏まえてご覧ください。ご協力よろしくお願いします。
プロフィール

はなけろ(トロイの人)

Author:はなけろ(トロイの人)
未商品化LBXのスクラッチを中心に活動をしています。
改造フィギュア、SDガンダム(特に武者系)、イラストなど自分が好きなことを雑多に行っています。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
全記事(数)表示
全タイトルを表示
タグ、本文切り替えサーチ
 
現在のお客様
現在ご滞在中のお客様
現在の閲覧者数:
アルバム
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
15131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
1637位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。